ユヴェントスが3発でジェノアを下しリーグ2連勝…CL出場権獲得へ3位をキープ

0

2021年04月11日 23:52  サッカーキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サッカーキング

写真ユヴェントスがホームでジェノアを下した [写真]=Getty Images
ユヴェントスがホームでジェノアを下した [写真]=Getty Images
 セリエA第30節が11日に行われ、ユヴェントスとジェノアが対戦した。

 ユヴェントスは5分、右サイドから仕掛けたフアン・クアドラードが華麗なシザースで相手を交わすと、マイナスの折り返しをデヤン・クルゼフスキへ通す。トラップから左足でコースを狙うと、これがゴールネットを揺らしてユヴェントスが先制に成功した。

 早くもスコアの動いた試合は、その後一進一退の攻防が続くも、22分にフェデリコ・キエーザが相手最終ラインでボールをかっさらうとビッグチャンスに。そのまま運んで放ったシュートはGKマッティア・ペリンに弾かれると、こぼれ球に反応したクリスティアーノ・ロナウドのシュートもポストに当たるも、最後はアルバロ・モラタが押し込んだ。

 リードを2点に広げたユヴェントスは、余裕を持ってボールを握りながら、アドリアン・ラビオやクルゼフスキのシュートでジェノアゴールを脅かす。 一方のジェノアは45分、FWジャンルカ・スカマッカが強引な反転から一対一の決定機を迎えるも、これはGKヴォイチェフ・シュチェスニーの好セーブに弾かれた。

 試合は2点差で後半へ差し掛かると、49分、ジェノアはCKからスカマッカがヘディングで合わせる。このシュートがサイドネットに突き刺さり、後半立ち上がりにジェノアが1点差に詰め寄る。勢いの乗るジェノアはさらに56分、エリア内でDFを交わした途中出場のマルコ・ピアツァが決定的なシーンを迎えるも、これはわずかに枠を外れた。

 流れを変えたいユヴェントスは、68分にパウロ・ディバラとウェストン・マケニーを投入。すると直後の70分、ダニーロのスルーパスにマケニーが抜け出すと、そのまま運んで一対一を右足で制した。ジェノアの選手はオフサイドを主張したものの判定は変わらず、ユヴェントスが貴重な追加点を奪う。

 試合はこのまま終了。ユヴェントスはこれでセリエAで2連勝となり、チャンピオンズリーグ出場権の獲得に向け3位の座をキープした。一方敗れたジェノアは、リーグ暫定13位となっている。

 次節は18日、ユヴェントスはアタランタと、ジェノアはミランとそれぞれアウェイで対戦する。

【スコア】
ユヴェントス 3−1 ジェノア

【得点者】
1−0 5分 デヤン・クルゼフスキ(ユヴェントス)
2−0 22分 フェデリコ・キエーザ(ユヴェントス)
2−1 49分 ジャンルカ・スカマッカ(ジェノア)
3−1 70分 ウェストン・マケニー(ユヴェントス)

    ランキングスポーツ

    前日のランキングへ

    ニュース設定