作家としても快進撃 加藤シゲアキ『AERA』表紙&インタビュー登場

0

2021年04月12日 00:41  リアルサウンド

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

リアルサウンド

写真加藤シゲアキ『AERA』表紙&インタビュー
加藤シゲアキ『AERA』表紙&インタビュー

 加藤シゲアキが表紙に登場した『AERA』が4月12日に朝日新聞出版より発売される。


関連:【画像】強い視線にドキっ!加藤シゲアキの白黒ポートレート


 『オルタネート』で直木賞と本屋大賞にノミネートされ、吉川英治文学新人賞を受賞した加藤シゲアキ。撮影が行われたのは主演舞台の初日を目前に控えた3月末、しかも稽古終わりというタイミングだったが、加藤は疲れを見せるどころかエネルギッシュ。「次の作品からはもう一つギアを上げていかなければいけない」「(自分は)文学界の中心にはいないけれど、何かをつなぐことはできる」と語るなど、小説家としての新たな決意を感じさせるインタビューとなった。カラーグラビア&インタビューは3ページ。撮影は蜷川実花が担当している。


 巻頭特集は「全国121高校の『合格力』」。大学入学共通テストが初めて実施されたことで、何かが変わったのか。「旧帝・東工大への現役合格率ランキング」「早慶理MARCHへの合格者数ランキング」を軸に検証した。


 特集の関連記事として、「プレステの父」久夛良木健と「iモードの父」夏野剛の対談も独占掲載。2022年度に近畿大学が新設予定の「情報学部」で、学部長に就任する予定の久夛良木。一方、夏野は20年、同大の情報学研究所所長に就任した。対談では、いま教育の世界に身を投じる理由、日本社会の停滞の原因に加え、「プレイステーション」や「iモード」の発想の原点、学生に求める「妄想力」などについて、縦横無尽に語り合っている。


 「ありのままの姿」の写真集を出し話題となっている水原希子へのインタビューも実施。「写真集を出すなら、今のこのタイミングしかない」と考えたという水原。その背景には、どんな思考があったのか。じっくりと話を訊いた。


 4月5日発売号からスタートした2つの新連載も好調。「棋承転結」には今週も渡辺明三冠が登場し、「忘れられない失敗」として藤井聡太二冠に破れた2月の朝日杯準決勝を語っている。King Gnu 井口理の対談連載「なんでもソーダ割り」も、『ジョジョの奇妙な冒険』の作者で漫画家の荒木飛呂彦さんとのトークが続く。


    ニュース設定