丸亀製麺、4月13日から発売される“お弁当”がスゴすぎ 発想の天才…

5

2021年04月12日 05:40  しらべぇ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

しらべぇ

写真(©ニュースサイトしらべぇ)
(©ニュースサイトしらべぇ)

新しい生活様式が求められるようになってから早1年が過ぎ、外食産業にも大きな変化がもたらされた。

こうした状況下においても、全店で手作りした打ち立てのうどんをリーズナブルな価格で提供し続けてきた丸亀製麺から、新たに「お弁当」が発売される。

画像をもっと見る

■のり弁…ではなく「うどん弁当」

店内飲食、テイクアウトに次ぐ新たな外食の選択肢として同社が13日より発売するのは、卵焼きやきんぴらごぼうといった定番のおかずと天ぷらが一緒になった「うどん弁当」。

従来のテイクアウト商品に比べ、より持ち運びしやすい点も特徴で、だしも袋に入っているためこぼれる心配もなく、テーブルがないような公園や、デスク、差し入れ時の複数買いにも対応できる。

関連記事:丸亀製麺、3月31日までに「きつねうどん」を食べておきたい理由2つ

■390円から、値段もお手頃

(2種の天ぷらと定番おかずのうどん弁当/390円)

お弁当用の容器に詰められたビジュアルは、どこか「のり弁当」を彷彿とさせ、親しみやすい。何より、「ご飯の代わりにうどんが入っている」という発想に惹かれてしまう。

(3種の天ぷらと定番おかずのうどん弁当/490円)

「2種の天ぷらと定番おかずのうどん弁当」が税込み390円からとお手頃価格。13日から発売されるうどん弁当は全4種で、そのときの気分に合わせて選ぶことができる。

■170円もお得になっているお弁当も

(4種の天ぷらと定番おかずのうどん弁当/620円)

なかでも、税込み620円の「4種の天ぷらと定番おかずのうどん弁当は、390円のお弁当にえび天、鶏もも天が2つも入っており、170円ほどお得になっている。

(2種の天ぷらと定番おかずの肉うどん弁当/650円)

最もリッチなのは、390円のお弁当が肉うどん仕立てになった、税込み650円の「2種の天ぷらと定番おかずの肉うどん弁当」。ガッツリ食べたいときにお腹をしっかり満たしてくれそうだ。

■約5割「オフィスで昼食派」にも朗報

お弁当になっているので、オフィスで昼食を取っている人たちにも朗報な、丸亀製麺の「うどん弁当」。ちなみに、しらべぇ編集部が全国の10代〜60代の有職者の男女785名を対象に実施した意識調査において、「オフィスで昼食を取っている」と回答した人は、全体で49.6%だった。

こちらは、2019年12月に実施したものであるため、テレワークが普及した現在ではまた数字が変わってくると思われるが、各年代とも女性のほうがオフィスで昼食を取る人の割合が高い傾向に。

「オケージョンフリー」な丸亀製麺のうどん弁当は、4月13日(火)より、全国の店舗にてテイクアウト限定で発売される。

・合わせて読みたい→コンビニ弁当上げ底検証『ファミリーマート ミックスグリル弁当』

(文/しらべぇ編集部・衣笠 あい

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2019年12月23日〜2019年12月18日
対象:全国10代〜60代有職者の男女785名 (有効回答数)

このニュースに関するつぶやき

  • コレ、良いかも。発売されたら買って食べよ♫
    • イイネ!11
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定