JVCが小型で大容量のポータブル電源発売 非常時やアウトドアでの給電が可能

0

2021年04月12日 11:41  OVO [オーヴォ]

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

OVO [オーヴォ]

写真JVCが小型で大容量のポータブル電源発売 非常時やアウトドアでの給電が可能
JVCが小型で大容量のポータブル電源発売 非常時やアウトドアでの給電が可能

 JVCケンウッドは、ポータブル電源「BN-RB37」を、4月中旬に発売する。停電しているときやアウトドアなど電気が取れない状況で、電化製品への給電、充電ができるようにする。価格は、4万5,000円前後(税込み)。

 自然災害などへの備え、キャンプや車中泊などのアウトドアレジャー人気などでニーズが増えているというポータブル電源だが、BN-RB37は同社従来モデルのコンパクトさや軽さはそのままに、約1.2倍の大容量(104,400mAh)バッテリーを搭載。ラジオやライトへの給電、スマホやパソコンなどへの充電の能力も12WのLEDライトで約26時間(従来モデル約22時間)、スマホでは約21回(同約17回)とアップしている。

 日本語でわかりやすく表示された出力端子は、扇風機や電気毛布などの電化製品のためのAC100V1口、スマホなどのためのUSB-A端子2口、またシガーソケット端子(12V)もあり、車載用の機器を直接つなぐこともできる。出力は200W(瞬間最大400W)あり、液晶ディスプレイで入出力電力とバッテリー残量が表示され、本体のコンディションがモニターできる。

 RN-BN37へは約12.5時間(付属ACアダプター)でフル充電が可能。またオプションのポータブルソーラーパネルを使えば、AC電源の取れないアウトドアなどでも充電できる。持ち運びやすい大型キャリングハンドルも付いた本体の大きさ・重さは、幅231mm×高さ168mm×奥行134mm・3.6kg。

もっと大きな画像が見たい・画像が表示されない場合はこちら

    ニュース設定