ケンタッキーダービー出走枠を巡るポイント指定競走 全46レース終了

0

2021年04月12日 13:10  netkeiba.com

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

netkeiba.com

 昨年9月から7か月かけて、北米のみならず欧州、日本、ドバイでも行われてきた、ケンタッキーダービーの出走枠を巡るポイント指定競走が、10日にキーンランドで行われたG3レキシントンSと、同日にオークローンパークで行われたG1アーカンソーダービーをもって、予定されていた46競走をすべて終了した。

 ポイント首位は、G1BCジュヴェナイル(d8.5F)1着、G2ブルーグラスS(d9F)1着などで140ポイントを獲得したエッセンシャルクオリティ(牡3、父タピット)だった。

 ケンタッキーダービーのフルゲートは20頭で、40ポイントを獲得している5頭までが出走圏内にいて、ポイント上位馬から回避する馬が出て来ないと36ポイントで21位のプロクシー(牡3、父タピット)が、現段階では補欠の1番手となっている。

 そのプロクシーは、10日のG3レキシントンSで2番人気を裏切り4着に敗れた後、陣営はダービー参戦に否定的であることを表明。さらに、60ポイントを獲得して11位のウェイバーン(牡3、父パイオニアオヴザナイル)も、ダービーを回避してG1ベルモントSを目標とする模様で、最終的には30ポイントあたりが、今年のケンタッキーダービー出走へのカットラインになりそうである。

(文:合田直弘)
    ニュース設定