「普通のおじさんの死、我がことに」 大手ラーメン店長の過労自殺で和解成立

1

2021年04月12日 16:41  弁護士ドットコム

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

弁護士ドットコム

写真記事画像
記事画像

全国に150店舗以上展開する「ラーメン山岡家」の店長だった男性(享年50)が2017年5月に自殺したのは、過労が原因だったとして、遺族(姉)が運営会社(札幌市)に、慰謝料や逸失利益など約1億1000万円の損害賠償を求めた裁判で、和解が成立した(和解は3月30日付け)。


【関連記事:お通し代「キャベツ1皿」3000円に驚き・・・お店に「説明義務」はないの?】



遺族側の代理人弁護士が4月12日、会見で明らかにした。和解においては、勤務間のインターバル制度や、健康診断の実施など、具体的な対策が盛り込まれた。



●24時間営業のラーメン店で脳出血を発症した

労基署・労働局による認定にもとづく事実の経過は以下の通り。



名古屋市の店で店長として働いていた黒田友康さんは、2015年10月19日、勤務中に脳内出血とくも膜下出血を発症した(当時49才)。



緊急搬送された病院で手術をうけ、リハビリを続けたが、重度の右半身麻痺と失語症により、介護施設に入所。後遺障害等級1級と診断され、社会生活に困難をきたし、悲観したことで、2017年5月20日に自殺した。



発症と業務との因果関係について、名古屋南労基署は労災を認めた(2018年3月9日)。 倒れたとき、店の正社員は黒田さん1人で、残りはバイトら7〜8人。24時間営業の店を回すためには、黒田さんが深夜勤務や長時間勤務する日も多かった。



発症前1カ月の時間外労働時間は96時間、発症前2カ月平均では98時間30分。また、未治療の高血圧症が基礎疾患としてあったことなどが認定された。



しかし、自殺との因果関係については、一度否定されている。



同労基署は、黒田さんが倒れたあとの、2017年4月中旬ころに、適応障害(精神障害)を発症したことは認めたが、自殺との関連は認めなかった。



これを不服とした弁護団が審査請求をしたところ、愛知県労働局は、労基署の決定を取り消し、労災認定している(2019年1月4日)。



遺族は、2018年10月、裁判を起こした(名古屋地裁に提訴し、東京地裁に移送)。



●和解によって、店の体制がガラッと変わることになる

会社との和解について、解決金の額は非公表だったが、会社は哀悼の意を表するとともに、具体的な再発防止策を、和解条項に盛り込んだ。



主な再発防止策は以下の2点。



(1)全従業員を対象に、勤務と勤務の間に、11時間以上のインターバルを導入する制度を検討し、和解成立から1年以内をめどに、必要な規定を就業規則に記載すること



(2)今年4月1日付で、全従業員を対象に、健康診断を受けるための特別有給休暇制度をつくること



弁護団は、和解条項について、金額面でも納得できるうえ、具体的な再発防止ルールが盛り込まれたことを、社会的に意義のあるものとした。



「24時間営業のスタイルとして、店員が常駐しなければいけない。インターバル制度の導入は、会社側にとって、人事労務管理や、経営の根幹にかかわるもの」(大久保修一弁護士)



「再発防止の具体的な中身が和解条項にきちんと書かれるのも、それを口外禁止とされないのも珍しい。公表されなければ、実行されているのかチェックできないこともある」(佐々木亮弁護士)。



●普通のおじさんのニュースだけど、知ってほしい(遺族)

ラーメン店を運営する「丸千代山岡家」は、編集部に「哀悼の意を表することを和解に盛り込んでおります」とした。



会見で姉は、「ひとまず決着した形ですが、失われた命が戻ることはなく、悲しみを持ち続けていくことになります」と話した。



「ただマジメに働きすぎた結果、肉体が壊れてしまいました。若くもエリートでもなく、普通のおじさんで、センセーショナルなニュースになる要因はありません。



俺のほうが残業時間が長いとか、パワハラのほうがつらいとか、思ったかたこそ、家族を泣かすことのないように、我がこととして、この小さな事実を知ってほしい。



まじめに懸命にはたらくことと長時間労働はイコールではありません」(姉)



(4月15日9時00分 黒田さんのお名前に1カ所、誤りがあり、訂正しました)


このニュースに関するつぶやき

  • ブラックな労働が撲滅しますように… 個人的に真面目に働くって勤務を問題なくこなしていく事だと思ってる
    • イイネ!0
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(1件)

前日のランキングへ

ニュース設定