声優・茅野愛衣、糸電話でファン交流 コロナ対策のイベント企画に参加者歓喜「癒しを司る神」

65

2021年04月12日 17:41  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真茅野愛衣 (C)ORICON NewS inc.
茅野愛衣 (C)ORICON NewS inc.
 人気アニメ『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』本間芽衣子役や『ソードアート・オンライン アリシゼーション』アリス役などで知られる人気声優・茅野愛衣が11日、都内でメモリアルブック&ミニアルバム「むすんでひらいて」発売記念のファンイベントを開催。コロナ禍ということもあり、ファンと触れ合わない“糸電話”で交流し、参加したファンから感激の声があがっている。

【イベント写真】糸電話でボソボソ…秘密の会話をする茅野愛衣

 同イベントは、デビュー10周年を記念した自身初となるメモリアルブック&ミニアルバムが3月10日に発売されたことを記念して企画されたもので、初回仕様限定盤特典の「スペシャルキャンペーン」A賞のイベントとして実施。コロナ禍の今、直接握手や会話をするのではなく、茅野がファン一人ずつと糸電話を通じて会話をするというイベント内容に、イベント開催発表時には「かやのんと糸電話!?最高かよ」「こんな声優イベント聞いたことない」「ママ、最高!」「完全にかやのママの母性全面に押し出した企画で草」などと話題となった。

 茅野がファン一人ずつと糸電話を通じて会話をし、すべり台を用いて記念品をお渡しするという、コロナ禍の今、ソーシャルディスタンスを保ちながらも一人一人とコミュニケーションをとる形式で実施された同イベント。ファンの間では「声が癒される」「優しい対応」「母性がある」などの理由で、一部では“ママ”と呼ばれている茅野が、この日、糸電話を通してファンと交流した。

 イベントを終えた後、参加したファンはSNSで「会場入ったら緊張で震えが止まらず、震えすぎで何度も糸電話の紙コップ落とすかと思った。しかも、かやのん「振動が伝わってきて…」みたいなことを最後話してて、自分のことだけじゃないかもだけどすごい恥ずかしかった」「かやのんと糸電話したんですけど…天使でした…。緊張で呼吸を忘れ頭痛がしてたけど。語彙力なくてあれだけど、すっごい可愛かったわ…。天使で女神のような優しさだった…マイナスイオン出てた」「糸電話でかやのんの声が聞こえてきた時なんて、もう脳が完全に溶けて無くなりそうだったもん あの方はもはや癒しを司る神だわ」などと興奮しながら幸せな時を振り返っていた。

このニュースに関するつぶやき

  • ☆ 「奥さん…気持ちいいかい?」…真々子としてイタブるべきか? 「ほぉぅ…身体が火照っているな。正直じゃねぇか、このメス豚ナイトが!」…ダクネスとしてイタブるべきか?(←ヲイ
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 茅野さんにバブみを感じてるヤツいて親近感 https://mixi.at/a6ECLbg
    • イイネ!9
    • コメント 4件

つぶやき一覧へ(32件)

ランキングゲーム・アニメ

前日のランキングへ

オススメゲーム

ニュース設定