パナソニック、15型テレビをリコール=約19万台、電池発煙の恐れ

16

2021年04月12日 19:01  時事通信社

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

写真パナソニックがリコールする15型ポータブルテレビのモニター(右)とチューナー(同社提供)
パナソニックがリコールする15型ポータブルテレビのモニター(右)とチューナー(同社提供)
 パナソニックは12日、チューナーとモニターが分離するタイプの15型ポータブルテレビについて、内蔵のリチウムイオン電池から発煙する可能性があり、リコール(無償修理)すると発表した。対象は2016年4月〜19年8月に製造した18万9557台。回収や交換はせずソフトウエアの更新で対応する。

 対象製品では、モニターの内蔵電池から発煙し、モニター背面の一部が溶ける事故が3件報告された。原因は電池の劣化と微細な異物混入などと判断。ソフト更新で電池の内圧を制御し防止するが、充電容量は従来の8割程度に減少する。

 対象品番はUN―15TD6など9種類。問い合わせ先はフリーダイヤル(0120)878636。 

このニュースに関するつぶやき

  • 電池は中共だろう。『充電容量は従来の8割程度に減少』だとすると瑕疵責任を負う事で、返品、返金対応も視野に。何れにしても中共の電池で発煙では想定品質では。パナも落ちたもんだよね。
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • 頑張ってや国産メーカーさん!! https://mixi.at/a6EFRPn
    • イイネ!5
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(11件)

ニュース設定