映画館の新しいコロナ対策、パーテーション付きシートが快適だった! イオンシネマの新座席を体験リポート

89

2021年04月12日 19:33  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真パーテーションが良い感じの「アップグレードシート」
パーテーションが良い感じの「アップグレードシート」

 新型コロナウイルスの脅威が続き、映画業界は今だ苦境に立たされている。一方で「劇場版 鬼滅の刃 無限列車編」や「シン・エヴァンゲリオン劇場版」の大ヒットもあり、映画館という娯楽の場が世の中で引き続き求められていることも明確になってきた。こうした中、映画館の側からも安全面で期待に応えようという動きが活発化している。



【画像】座ってみた



 中でも注目を集めているのが、イオンシネマが一部の劇場で新たにスタートした、飛沫防止のためのパーテーション付きの「アップグレードシート」だ。この座席がいかなるものなのか、実際に体験してきたのでリポートしよう。



●「座席」も「座席以外」も快適



 まず端的に言えるのは、アップグレードシートが触れ込み通りにTHE・快適だったということだ。シートが大きめかつ柔らかいため座り心地が良いのはもちろん、その「座席そのもの以外」の快適さも実感した。何しろ、パーソナルスペースは従来席に比べて左右に約2倍。特に荷物置きは十分なスペースが確保されており、大きめのリュックサックも収めることができた。足元も約1.5倍の広さとなっており、窮屈さを感じることはない。



 そして飛沫防止の目的があるパーテーションは、想像以上に「スクリーンへの集中」にも役立つものだった。映画館ではどうしても(座席の間隔があったとしても)隣にいる人が視界に入ってしまうが、パーテーションがあればその心配はなくなる。「劇場の中でここだけ個室があるような」感覚そのものがリッチであり、より作品への没入感が増すことは言うまでもない。



●ドリンク付きなのもうれしい



 加えて特筆しておきたいのが、アップグレードシートの利用料金だ。「鑑賞料金+500円」という設定なのだが、これにはワンドリンクの価格も含んでいる。



 単品で注文する場合、イオンシネマでのソフトドリンクの価格は、Sサイズが290円、Mサイズが320円、Lサイズが420円(※フレーバーソーダ、プレミアムソーダは除く)。つまり基本的にLサイズのドリンクを選べば、+80円でアップグレードシートで鑑賞できることになる。もはや実質タダとは言い過ぎだろうか。



 ちなみに、TOHOシネマズの一部で展開している「プレミアボックスシート」は通常料金+1000円。グランドシネマサンシャインの「プレミアムクラス」は通常料金+1500円(パーテーションはないが、リクライニングとサイドテーブル、さらにミールクーポン700円付き)である。それらと比較しても、イオンシネマのアップグレードシートの追加料金は半額から3分の1程度と割安。さらに、各種サービスデー割引、ギフト券、ムビチケも併用可能である。



 なお、他の大手シネコンが軒並み「座席の全席販売」を再開している中、イオンシネマでは引き続き「座席の間隔を空けての販売」を継続している。このアップグレードシートでも座席の間隔を空けての販売となっているため(※イオンシネマ市川妙典のみアップグレードシートは全席販売)、人気作では早めに席が埋まってしまうことも考えられるので、予約をおすすめしたいところだ。



 また、イオンシネマ市川妙典(千葉)とイオンシネマ新利府(宮城)の2劇場では、アップグレードシート以外の通常席にも、座席間のパーテーションが設けられている。



●イオンシネマでのさらなる新型コロナ対策とは



 最後に、イオンシネマ広報へのQ&Aをお届けしよう。パーテーションの設置が実際に好評であることや、他にも力を入れている新型コロナ対策があることも分かった。



・・・・・



―― パーテーションの設置について、お客さんからの反応はいかがでしょうか。



イオンシネマ 座席間にパーテーションがあることで他のお客さまの視線を感じず映画に没入できる、個室感を得られる、とのお声をいただいております。



―― パーテーションは今後もさらに導入していく予定ですか。



イオンシネマ 1月にイオンシネマ市川妙典(千葉)にて導入後、3月に開業いたしましたイオンシネマ新利府(宮城)、イオンシネマシアタス心斎橋(大阪)にも導入いたしました。パーテーションに対するお客さまのお声や評価を頂きながら、また必要な改善を試み、変化しながら順次拡大したいと考えております。



―― 他にも力を入れている新型コロナ対策がありましたら教えてください。



イオンシネマ シネマ専用・大型空調用ウイルス対策システム「トレイン・トリプルエアシールド」を全国7劇場に順次導入いたしました。劇場の屋上に設置されている世界的空調メーカー、トレイン社製の大型空調機ルーフトップエアコンの内部に設置し、空気中に漂う細かなホコリや浮遊菌を徹底除去する高効率集じんフィルター「MERV13 フィルターによる捕集効果」、さらに「紫外線による照射分解効果」「光触媒による酸化無害化効果」の3段階で空気を徹底洗浄。館内により清潔で快適な空気を供給します。他にも防疫対策を徹底しています。



―― 他のシネコンチェーンでは全席販売に踏み切るところが多い中、イオンシネマでは間引き販売を継続していますね



イオンシネマ  弊社、他社共に、全国興行生活衛生同業組合連合会による「映画館における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン」に基づき感染症対策を実施しております。弊社においては、より安全性を高めるため、ガイドラインよりワンランク上の対応を行うことで、「映画鑑賞はしたいが、隣に他のお客さまが座られることに不安がある」といったお客さまに対して、少しでも不安を軽減できる映画鑑賞環境を提供することを目的としております。



・・・・・



 パーテーションの設置はもちろん、座席の間引き販売を継続することで、「利用客の不安軽減が第一」を掲げるイオンシネマは、映画ファンの一人としても心から応援したいシネコンだ。アップグレードシートは前述したように比較的安価でもあるため、まずは気軽に利用してみてほしい。



(ヒナタカ)


このニュースに関するつぶやき

  • 全席これにしてほしい
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • これなら、肘掛どっち問題も解決出来るね!
    • イイネ!48
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(54件)

ニュース設定