2020年度の宿泊業の倒産、件数は前年比7割増 負債額は減少

92

2021年04月13日 10:41  TRAICY

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

TRAICY

写真写真

東京商工リサーチは4月9日、2020年4月から2021年3月までの宿泊業の倒産状況を明らかにした。

負債額1,000万円以上の企業の倒産は127件(前期比53件増)で、負債総額は662億8,500万円(前期790億6,800万円)だった。件数は7割以上増加したものの、負債額は2割弱減少した。件数が100件を超えたのは2013年度以来、新型コロナウイルス関連での倒産が過半数だった。

形態別では、再建型の民事再生法が3件、会社更生法がゼロにとどまり、消滅型の破産が103件、取引停止処分が1件だった。地区別では、東京都が11件、長野県と静岡県が各10件だった。原因別では、販売不振が75%強を占めた。

東京商工リサーチでは、新型コロナウイルス関連倒産の第1号発生から1年余りを経過してもなお、国内外ともに人の移動が制限され、逆風にさらされる宿泊業は、経営破たんの続出を避けがたい状況で、金融支援や需要喚起策が求められているほか、業態転換も視野に入れた経営支援が必要といえるかもしれないと、今後の見通しを示している。

(2020年度の主な宿泊業の倒産、カッコ内は負債額と倒産形態)

・WBFホテル&リゾーツ(160億円、民事再生法)

・ロイヤルオークリゾート(50億円、破産)

・北海観光(46億8,800万円、破産)

・フェリーチェ(36億7,300万円、破産)

・ホテル一萬里(35億2,000万円、破産)

・ビスタホテルマネジメント(35億円、民事再生法)

このニュースに関するつぶやき

  • 新型コロナで失業者の41万人増加が予想される〜えぐられる子どもの貧困〜 https://mixi.jp/view_diary.pl?id=1978069496&owner_id=67611045
    • イイネ!11
    • コメント 0件
  • 尾身会長も「旅行自体に問題はない」との見解を出し、国立感染研の研究者が「GoToトラベルは感染拡大に無関係」と報告しているのに、未だにGoToトラベルヤメローとか言ってる連中は経済音痴なんだろうね。
    • イイネ!34
    • コメント 6件

つぶやき一覧へ(68件)

ニュース設定