『シン・エヴァ』はスター・ウォーズを超えた? 3度目の完結の意味

1

2021年04月13日 16:02  日刊SPA!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日刊SPA!

写真『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』公式サイトより
『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』公式サイトより
ATフィールド、使徒、人類補完計画……’95年のテレビ放映から謎が謎を呼び、20世紀末に社会現象となったエヴァンゲリオン。’07年からの新劇場版4部作もついに完結だが、その結末を巡ってまたも論争が起きている――。
※本記事には『シン・エヴァンゲリオン劇場版』のネタバレが含まれます。
◆エヴァンゲリオンはスター・ウォーズを超えた?

「ジョージ・ルーカスもできなかったことを、庵野秀明はやり遂げた」

 ’97年、週刊SPA!で「完結しない『エヴァンゲリオン』をめぐる大論争」を特集。その解説を務めたのはSF翻訳家の大森望氏だ。四半世紀を経て、完結したエヴァをどう観たのか。再び大森氏を取材すると、「エヴァは3度目の完結で日本の『スター・ウォーズ』になった」と評す。

「スター・ウォーズとエヴァのテーマは、どちらも普遍的な父と息子の葛藤です。親子ゲンカに世界中が巻き込まれる話。そして、親世代から見れば子育てに悩む物語でもあるので、SFやオカルトの要素に関係なく、多くの人の心に響く。

 ルーカスは自分自身では物語を終わらせられなかったけど、庵野監督は25年をかけ、自らの手で律義に一つ一つの要素を回収して幕を引いた。前作『Q』を観たときはちゃんと決着がつけられるのかと少し疑ってしまったので、今は、本当に申し訳ございませんでした、という気持ちです(笑)」

◆『シン・エヴァ』で論争となっているカップリング問題

 ’07年9月に新劇場版が公開される数か月前、庵野監督は漫画家の安野モヨコさんと結婚。だからこそ、庵野監督の私小説とも呼ばれる「エヴァ完結のためには、新キャラのマリとシンジが結ばれなければならなかった」と大森氏は話す。

「いわゆるカップリング問題は、『シン・エヴァ』で論争となっていますが、父と息子の対立に決着をつけるための一つの方法が『結婚』だった。

 ラストの実写は庵野監督の地元である宇部新川駅からの風景です。親に結婚の報告をするため、シンジとマリは電車を降りたとも想像できる。結婚して家庭を持てば、恐れていた父も自分と同じような悩みを持つ人間だとわかる。

 ただ、新劇にはカヲルくんの『今度こそ君だけは幸せにしてみせるよ』のセリフなど、物語がリピートしている痕跡がちりばめられており、『シン・エヴァ』は庵野監督が乗った電車がたどり着いた一つの終着駅というだけ。ほかのカップリングの可能性もちゃんと示されています」



◆第三村の農業シーンへの見解は?

 また、第三村の農業シーンも賛否が分かれる。庵野監督がエヴァをつくるとき影響を受けた作品に、1987年出版された村上龍の小説『愛と幻想のファシズム』(講談社)がある。エヴァの登場人物と同じ名前のトウジ、ケンスケが政治結社「狩猟社」をつくり、勢力を拡大していく物語であり、エヴァ同様に農業のイメージとは大きくかけ離れている。

「自然への回帰、環境問題とか、いろいろなものの象徴を読み取り、反発する人もいるでしょう。『結局、年を取れば農業か(笑)』と。

 これまでエヴァには普通に暮らしている人は出てこなかった。でも、『シン・エヴァ』では日常をちゃんと描いた。おばあちゃんたちと綾波レイが交流するシーンを描けるようになるとは、庵野監督が作家的に成熟している証でしょう。

 そして、ラスト30分はこれでもかと新しい要素を入れてきて、最後は、エヴァらしく終えました」

◆”終劇”も繰り返される

 大森氏は庵野監督と同い年。エヴァを同時代に捉えていたが、最近は世代を超えるコンテンツになってきたと感じている。

「大学生になる息子に『ATフィールドってなに?』と聞かれて、アブソリュート・テラーだよと即答しながら思わず笑ってしまった(笑)。30代だった私がエヴァの造語や謎解きに夢中になったように、若い世代もエヴァの謎に惹かれるのは感慨深いですね」

 ”終劇”も繰り返される――。

【SF翻訳家・大森 望氏】
’61年、高知県生まれ。京都大学文学部卒。翻訳家、書評家。責任編集の『NOVA』全10巻で第34回日本SF大賞特別賞、第45回星雲賞自由部門受賞。訳書に劉慈欣『三体』(共訳)など。「ゲンロン大森望SF創作講座」主任講師

<取材・文/美波七海 村田孔明(本誌)>

―[私は『シン・エヴァ』をこう観た!]―

このニュースに関するつぶやき

  • そして『SW』や『エヴァ』に影響を受けた新たな世代によって更に新たな古典となるような作品が次々に産み出されていくことでしょう。それでいいと思います。
    • イイネ!1
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(1件)

ランキングゲーム・アニメ

前日のランキングへ

オススメゲーム

ニュース設定