筑波大の授業DBがメンテ、困った新入生が代替ツールを“爆速開発” その背景を本人に聞いた

1

2021年04月13日 18:32  ITmedia NEWS

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia NEWS

写真「KdB(もどき)」
「KdB(もどき)」

 新学期、履修の登録期間真っ只中のタイミングで筑波大学の授業データベース(DB)がまさかのメンテナンス入り。その代替ツールを入学直後の1年生が開発してしまった──そんなエピソードがネット上で話題になっている。



【その他の画像】



 その渦中にいるのは、同大の情報学群に入学したばかりの、いなにわうどんさんだ。いなにわうどんさんは同大の授業データベース(DB)「KdB」の代替ツール「KdB(もどき)」を1人で開発した。授業名のキーワードや開講する曜日、学期などを指定すると授業シラバスが表示される。



 筑波大の学生は全授業の内容がまとめられているKdBを参考に履修科目を決めるが、 4月5日、KdBがメンテナンスに入ることに。当初は7日に復旧予定だったが、その後期間が延長され、13日午後6時時点でも復旧していない。そこで、いなにわうどんさんはKdB(もどき)を開発。“もどき”のほうが大学公式のKdBよりも優れているとの声もある。



 実際、KdB(もどき)の公開を告知するツイートには「有能すぎる」「感謝しきれてもしきれない。同門生として誇りに思う」「むちゃくちゃ助かります!」など筑波大の在学生から称賛の声が多数上がっている他、政府CIO補佐官の楠正憲さんも「どんどん優秀な子たちが出てきていて、彼らが活躍できる世の中を作れるかは僕ら大人の責任」とツイートするなど学外でも反響を呼んでいる。



 そんな注目を集める、いなにわうどんさんはどんな人物なのか。本人に話を聞いてみた。



●3時間半で作成した「KdB(もどき)」



 いなにわうどんさんがKdB(もどき)を開発したきっかけは、「(KdBのメンテナンスで)履修科目を紙媒体で探さなければいけなくなったため」という。筑波大で開講中の授業数は7000以上。Twitterでも他の学生から不満の声が噴出していた。KdBの構造を分析し「この程度であれば実装できそうだと判断し、制作に至った」といなにわうどんさん。第一版の制作から公開までに要した時間は「大体3時間半程度だった」という。



 急ピッチで開発したKdB(もどき)。その仕組みはこうだ。



 Excelの科目データをスクリプトを用いてJSON(JavaScript Object Notation)というデータ形式に変換。KdB(もどき)内の検索窓に入力されたキーワードやラジオボタンと連動してフィルタリングしたものを表示している。



 KdBには科目データをExcel形式で出力できる機能が実装されており、メンテナンス直前に保存した科目データを活用した。脆弱性を指摘する意見も一部あったが、「大学のサーバとの通信は一切ないので、セキュリティ面やサーバへの負担といった懸念はない」という。



●公式のKdBよりも動作が軽量に オープンソース化で機能強化中



 いなにわうどんさんによると、KdB(もどき)は公式のKdBよりも動作が軽量になり、検索時間の大幅短縮につながった。ユーザーからも「今までよりも軽くなっていて使いやすい」との声が上がっているという。開発中の苦労については「特に苦労した点はなく、勉強を進めていけばどなたでも制作できると思う」とのこと。



 KdB(もどき)はその後、ソースコードをGitHubで公開し、オープンソース化。現在は有志の同級生や上級生も開発に参加し、検索結果をCSVデータとしてダウンロードする機能など追加機能の実装やバグ修正を行っている。



 こうした動きにいなにわうどんさんは「Twitterを始め多くの反響があったこともさることながら、何よりも、筑波大の生徒有志が続々と追加機能を実装し、サイトの改善に努めて下さったという点に、驚きを隠せません」と話す。



●横浜サイエンスフロンティア高校出身の現役プログラマー



 実はいなにわうどんさん、現役高校生プログラマーとして一部のかいわいでは知られた存在だった。横浜サイエンスフロンティア高校在学中の2019年には、Twitterのヘビーユーザー、いわゆるツイッター廃人(ツイ廃)向けの専用ツール「ダツイハイ」を開発。指定期間内に一言でもツイートするとフォロー中のアカウントを強制的に全解除するサービスで、ツイ廃で勉強時間を確保できていなかった自身の戒めのために開発した。



 そんないなにわうどんさんがプログラミングに興味を持ったのは小学校4年生の頃。「ホームページを作ってみたい」と思ったのがきっかけで、技術習得に努めた。20年度には高校生ながらIPA(情報処理推進機構)のIT人材発掘事業「未踏」の一つに採択され、公的支援を受けながら文書制作のための組版処理システムの開発に従事した。



●落合陽一准教授らに憧れ入学 ソフトウェア開発のサークル立ち上げも



 4月から筑波大情報学群に入学したいなにわうどんさん。学びたい学問領域と合致したことはもちろん、筑波大出身の落合陽一准教授や「シン・テレワークシステム」の開発で知られる登大遊さんに憧れた。小学生の頃から筑波大のVPNサービスを利用していたことも志望した理由の一つだ。



 「(筑波大は)非常にユニークで天才的な能力を持たれた方々を多く輩出されていることでも有名です。是非そうした環境に身を置き、研究に励みたいと考えましたし、情報メディア創成学類は情報分野の中でも高レイヤー寄りな内容を中心としているため、Webや組版といった領域に興味のある自分にとっては、まさに理想の学類であると判断しました」(いなにわうどんさん)



 KdB(もどき)の開発で、1年生ながら在学生から注目される存在になった、いなにわうどんさん。今回の活動がきっかけで知り合った制作メンバーとともにソフトウェア開発のサークルを立ち上げることが決まったという。



 いなにわうどんさんは「入学してまだ間もないですが、筑波大学には学生が熱意を持ってさまざまな物事に挑戦していく土壌があることを強く実感しており、折に触れて感銘を受けています。今後、教員の先生方からご指導を賜りつつ、友人らと切磋琢磨を重ねながら、学業や研究活動、システム開発などに一層まい進していきたいです」としている。


    ニュース設定