中国、IT企業34社に指導=「二者択一」中止求める

3

2021年04月13日 23:00  時事通信社

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

 【北京時事】中国国家市場監督管理総局は13日、インターネット上のサービス基盤(プラットフォーム)を運営するIT企業34社に対し、自社のサービスだけを使うよう利用者に圧力をかける「二者択一」などの違法行為を中止するよう指導したと発表した。業務の見直しに1カ月の猶予を与え、その後に違反が発覚すれば厳罰で臨むとしている。

 同総局は10日、国内電子商取引最大手のアリババ集団による同様の圧力について、独占禁止法で禁じられている独占的行為と認定、同社に過去最高額の罰金を科したと発表した。

 指導を受けたのはアリババのほか、騰訊(テンセント)や百度(バイドゥ)、京東集団(JDドットコム)、字節跳動(バイトダンス)など。同総局はアリババの事例を警告とし、期限内に問題点を全面的に改めるよう求めた。 

このニュースに関するつぶやき

  • アリババじゃなくてネコババでしょww あばばばばばw
    • イイネ!5
    • コメント 0件
  • 政府にカネが無くなってきたので、企業からクスネるという姑息な手段を取り始めたようだな(笑)
    • イイネ!13
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(3件)

ニュース設定