新・西武園ゆうえんち、ゴジラや鉄腕アトムのライドアトラクション登場

6

2021年04月13日 23:34  モデルプレス

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

モデルプレス

写真「西武園ゆうえんち」キービジュアル/画像提供:西武園ゆうえんち
「西武園ゆうえんち」キービジュアル/画像提供:西武園ゆうえんち
【女子旅プレス=2021/04/13】埼玉県の「西武園ゆうえんち」では、リニューアル後のグランドオープン日を2021年5月19日(水)に決定。リニューアル詳細やアトラクションなどの全容が公開された。

【写真】USJ「マリオ・カフェ&ストア」内部公開、ハテナブロックに“キノコ”テーブル…ゲームの世界を再現

◆新しいのに懐かしい、昭和の空気感を体感

新生「西武園ゆうえんち」は、新しいのに懐かしい非日常のエンターテインメント体験へ巻き込むことで、多くのゲストの心を強烈に、エモーショナルに揺さぶる“心あたたまる幸福感に包まれる世界”へと生まれ変わる。

人情味あふれる「夕日の丘商店街」には30もの店舗がずらりと並び、1960年代の新しくも懐かしいあの頃の世界を再現。単なる古い町並みの再現ではなく、360°細部にまでこだわって世界観が造りこまれ、商店街の住人たちがいたる所で予想のつかないライブ・パフォーマンスを繰り広げる一大舞台空間となっている。
また、ライドアトラクション12機種、飲食施設12店舗が集まるほか、独自の園内通貨「西武園通貨」を導入。商店街の住人とのインタラクションを楽しむ買い物体験までアトラクション化する。

◆ゴジラの世界初となる大型ライド・アトラクション

「夕日の丘商店街」を見下ろす丘の高台に建つ、商店街の住人にとって憩いの映画館(夕陽館)に、「ゴジラ」をテーマにした常設ライド・アトラクション「ゴジラ・ザ・ライド 大怪獣頂上決戦」が新たに登場。

このライドでは、ゲストはゴジラやキングギドラたちの激闘の真っ只中に放りこまれ、突如として襲われるスリルの連続に、息つく暇もない興奮必至の体験を楽しめる。次から次へと迫りくる予想を超えたスリリングかつ理不尽な展開、その衝撃的な展開の連続には、日常では考えられない規格外の興奮が待ち受けている。

◆「鉄腕アトム」や「ジャングル大帝」のキャラが集まる家族向けエリア
さらに、商店街の外には懐かしいアトラクションたちに加えて、家族で思い切り楽しめるファミリーエリア「レッツゴー!レオランド」が誕生。日本を代表する漫画家・手塚治虫氏の人気作品「鉄腕アトム」と「ジャングル大帝」のキャラクターが登場し、大人にとっては懐かしいけど新しい、子どもにとっては新しいけど懐かしい、心に響く体験を届ける。

このエリアでは、颯爽と走り抜けるジェットコースター「アトムの月面旅行」や、回転型ライド・アトラクション「飛べ!ジャングルの勇者レオ」など4つのライド・アトラクションを含む、6つの体験が楽しめるほか、アトムやレオをはじめとした手塚氏の人気キャラクターたちをデザインした西武園ゆうえんち限定のグッズを扱うショップ「レッツゴー!バザール」も併設される。(女子旅プレス/modelpress編集部)

■西武園ゆうえんち
営業時間:日により異なる
休業日:不定休
1日レヂャー切符(入園+アトラクションフリー)
大人(中学生以上)税込4,400円、子ども(3才〜小学生)税込3,300円※3才未満は無料

情報:西武園ゆうえんち

【Not Sponsored 記事】

このニュースに関するつぶやき

  • なにその半世紀以上前の昭和レトロ路線
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定