金子恵美、議員宿舎での珍行動を告白 「夫と2人で夜に気分が上がって…」

2

2021年04月14日 00:20  しらべぇ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

しらべぇ

写真(©ニュースサイトしらべぇ)
(©ニュースサイトしらべぇ)

13日放送の『バラいろダンディ』(TOKYOMX)で、金子恵美が議員時代に夫の宮崎謙介と行った行動を語り、驚きが広がった。

■夫と気分が上がって…

番組ではアパートの騒音問題を紹介。ある女性が管理会社に「上階がうるさい」とクレームを入れたが、「うるさいはずはない」「事実はない。あなたのほうが神経質なのではないか」と却下され、引っ越したエピソードを紹介する。

ふかわりょうから「そういったもの(隣人トラブル)に巻き込まれたことはありませんか?」と聞かれた金子は「私は逆に迷惑をかけたことはあって、議員宿舎にいたとき夫と2人で夜、気分が上がってきちゃって…」となにやら不穏な言葉を口にした。

関連記事:金子恵美が考える未来の社会 「みんなが相手の価値観を尊重できるように」

■その行動とは?

続けて「カラオケをしたんです2人で」と告白。話を聞いたダイアナ・エクストラバガンザは「カラオケ? みんな全員違うほうに膨らませてたわけでしょ」と驚く。

金子は「カラオケをしてたら、隣にいたある野党議員がクレームを入れて。そのクレームが私たちに来まして、それからカラオケは止めましたけれども、その野党議員は今も永田町にいて、その歌ってた私たち2人は永田町から去ったと言う感じですよね」と説明した。

■ダイアナが再質問

驚いたダイアナは「なにあの? 議員宿舎にカラオケセットを持ち込んでたってこと?。なに、夢グループみたいなやつですか? カラオケセットがある?」と再質問する。

金子は「セットじゃなくて、ただ音楽を流して2人ノリノリで歌ってた。ちょっとおかしくなってたんでしょうね、あのときはね。おかしかったから、発散」と話す。そして2人は紹介された女性のトラブルについて、「管理会社が酷い」と持論を展開した。

■管理会社に不満を持つ人は…

マンションやアパートでは上や隣などとトラブルになることは多々ある。そして問題を解決する立場の管理会社に不満を持つこともしばしばだ。

しらべぇ編集部がマンションやアパートに住む全国の20〜60代の男女543名に実施した調査でも、各世代で3〜4割が「管理会社の対応に不満がある」と回答している。

集合住宅に住む場合、上階下階、そして隣などに一定の配慮をしなければならない。そのことを理解するとともに、「管理会社がしっかりしているか」も、事前に調査したうえで入居する必要がありそうだ。

・合わせて読みたい→杉村太蔵、不倫発覚の宮崎謙介を絶賛 「全身の毛穴からほとばしるほどの性欲」

(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2018年3月23日〜2018年3月27日
対象:マンションやアパートに住む全国の20〜60代の男女543名(有効回答数)

前日のランキングへ

ニュース設定