Apple、4月20日にスペシャルイベント開催、A14強化版・5G対応のiPad Pro登場か

2

2021年04月14日 05:31  マイナビニュース

  • 限定公開( 2 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

マイナビニュース

写真画像提供:マイナビニュース
画像提供:マイナビニュース
米Appleが4月20日に、2021年最初のスペシャルイベントをオンライン開催する。現地時間の午前10時 (日本時間:4月21日午前2時)から、apple.comでストリーミング配信する。

イベントの告知ページには、カラフルなラインでAppleのロゴが描かれており、春発表の噂が報じられてきたiPad Proの登場を思わせる。

新しいiPad Proに関する噂をまとめると、11インチと12.9インチという画面サイズは変わらず。SoCが大幅に強化される。iPadの現行ラインナップは、昨年春発表の「iPad Pro」のSoCがA12Z Bionic、昨年秋に登場した「iPad Air」のSoCがA14 Bionicと、Airの方がより新しい世代を搭載しているねじれた状態にあるが、新製品でMac搭載のM1に比肩するようなA14世代の強化版チップがProに採用されると報じられている。性能の向上だけではなく、Thunderbolt 3/USB4コネクタが採用される可能性も。それらによって、iPad Proユーザー待望のFinal Cut ProやLogic ProのiPadOS版が登場するのではないかという期待も膨らんでいる。他にも、12.9インチモデルにミニLEDを採用、セルラーモデルの5G対応などが報じられている。

イベントはハードウェア製品の発表会になると予想されているが、OSも注目点の1つだ。現在ベータ段階にあるiOS 14.5/iPadOS 14.5は、様々な新機能や強化・改善を含む春の大型アップデートと呼べるようなものになっており、それらの正式版のリリース日が特別イベントで明らかになると見られている。

AirTagsと呼ばれて、過去に何度も発表が噂されてきたスマートトラッカーがいよいよ登場するかもしれない。スマートトラッカーに関しては、OSに統合できるAppleが独占的な力を行使できるとしてTileなどが懸念を表明していた。そうした指摘に対して、Appleは昨年のWWDC20で「探す」機能の基盤である探索ネットワークをサードパーティに開放すると発表。VanMoofの電動自転車、Belkinの完全ワイヤレスイヤホン、Chipoloのアイテムファインダーなど、初の「探す」対応のサードパーティ製品が4月7日に発表された。サードパーティも「探す」を活用できる環境が整い、見方を変えると、アップルも「探す」対応のアクセサリをリリースしやすくなった。

AppleはMacのラインナップのApple Silicon搭載を急ピッチで進めている。3月に「Apple Pro」の販売を終了させており、Apple Siliconを搭載した新デザインのiMacの噂が飛び交っている。だが、よりパフォーマンスに軸足を置いたMac向けApple Siliconは重要な発表になる。オンライン形式になった昨年後半のスペシャルイベントでは、1回のイベントに複数の発表を詰め込まず、よりフォーカスした約1時間のイベントに分けて開催した。パフォーマンス重視のMacに関しては、過去の発表を踏まえると、WWDC21 (6月7日〜11日)の基調講演が選ばれる可能性が高い。(Yoichi Yamashita)
    ニュース設定