羽田美智子、地球最強の生命力を持つ凶悪な詐欺師役に 息子・娘役に結木滉星&久間田琳加

0

2021年04月14日 07:11  クランクイン!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!

写真ドラマ『#コールドゲーム』(上段左から)結木滉星、羽田美智子、中村俊介(下段左から)久間田琳加、ずん・やす (C)東海テレビ
ドラマ『#コールドゲーム』(上段左から)結木滉星、羽田美智子、中村俊介(下段左から)久間田琳加、ずん・やす (C)東海テレビ
 女優の羽田美智子が、6月5日スタートのドラマ『#コールドゲーム』(東海テレビ・フジテレビ系/毎週土曜23時40分)にて主演を務めることがわかった。羽田は、マイナス45℃となった世界で生きる、前科2犯の凶悪な天才詐欺師役を務める。

【写真】羽田美智子の息子・娘役を務める結木滉星&久間田琳加

 本作は、氷河期に突入した世界を舞台に、地球最強の生命力を持った女詐欺師が織りなす、サスペンスあり、コメディーあり、ラブストーリーもありの本格オリジナルサバイバルストーリー。

 いん石衝突の影響でマイナス45℃の氷河期に襲われた地球。ここ、避難所第七支部では逃げ込んできた数十人がぎりぎりの生活を送っていた。もはや文明は崩壊し、金や地位は何の意味も持たず、缶詰ひとつ、毛布一枚がなによりも必要とされる、価値観が一変した世界。人類は、生きたいという本能的な欲望の強い者だけが生き残る極限状態に直面していた。

 主人公は、そんな弱肉強食の世界に負けず、どんな手段を使ってでも生き抜くことを決意した前科2犯の天才詐欺師・木村祥子(羽田)。たどり着いた避難所はなぜか“家族”優先に運営されており、祥子は寄せ集めの”偽装家族”の母親として過酷な日々に立ち向かう。絶対に生き延びてやる!という祥子が放つ爆発的な生きるエネルギー。その裏には、生き別れた息子に一目会いたいと願う母の切なる思いが煮えたぎっていた。

 主演の羽田は「詐欺師役と聞いて、私以外のスタッフは全員私には無理だと思ったそうですが、実は私、ずっと詐欺師役をやってみたかったんです!だから、『あーっ!キター!』と思いましたね」と喜ぶ。

 さらに、「私が演じる祥子は詐欺師というぶっ飛んだ設定ではありますが、本質は絶望感や孤独感をエネルギーに変えて、一心不乱に生きていくたくましさを持った女性だと捉えています。普段の私は不器用でドジなことをしてしまいがちなのですが、祥子は完璧な女性です。性格が自分とは真逆なので、歩き方や立ち方も意識的に変えています」と話している。

 このほか、祥子と共に偽装家族を構成する木村家のキャストとして、第七支部内の女性たちから猛烈アプローチを受けまくっているイケメン長男・大輝役に結木滉星、頭脳明晰な高校生で誰よりも冷めており常に一歩引いている天才肌の娘・陽菜役に久間田琳加、いつも笑顔で人がよさそうな父・隆役にずんのやすが出演。さらに、中村俊介が避難所第七支部の支部長で元国会議員の如月雄一郎役にふんする。

 大輝役の結木は「大輝はある復讐のために偽装家族を組んでいるので、その背景を固めていく作業も大切にしています。特に、羽田さん演じる祥子さんはお母さんというより相棒として捉えているので、他の家族に対しての接し方の違いを個人的に意識して演じています」、陽菜役の久間田は「陽菜役は、これまで私が演じた役とは全然テイストが違い、とても新鮮で、私にとっては挑戦となる作品です。普段と歩き方を変えてみたり、目線だったりを気をつけています。木村家と過ごしながら、陽菜がどうやって生きる理由を見つけていくのかという過程も、意識しながら撮影しています」とそれぞれ役への取り組みを語っている。 

 オトナの土ドラ『#コールドゲーム』は、東海テレビ・フジテレビ系にて6月5日より毎週土曜23時40分放送。
    ニュース設定