「新人に即戦力求めてないから大丈夫」 “ポンコツだけど10年働いた社員”から新入社員へのメッセージ漫画

1

2021年04月14日 07:36  ねとらぼ

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真何をしたらいいのか分からなかった新人時代
何をしたらいいのか分からなかった新人時代

 「ポンコツだけど10年働いた社員から新入社員へ伝えたいこと」として、社会人の先輩から新社会人へのメッセージをこめた漫画が好評です。作者はテレビ東京で働きながら漫画家としても活動する真船佳奈さん。



【画像】漫画を読む



 新入社員になりたてのころ、配属先で何をしたらいいか分からず途方に暮れていた真船さん。自分の仕事を抱えながら教えてくれる先輩に、指示を待つだけの自分を申し訳なく思っていました。



 どこかで聞いた「仕事は自分で見つけるもの」というセリフを反すうしつつも、忙しい中で「手伝うことありますか」と先輩に声をかけるのは迷惑なのでは……と、結局どうしたらいいか分からず、死んだ目で自社のサイトを見続けるだけでした。



 当時の自分に今の真船さんが伝えたいのは、「役に立たなきゃ」という発想を捨てようということ。「10年働いても迷惑かけまくって生きてる」という真船さん。勤務年数によらず、場面によって役に立てないことは誰しもあるので、申し訳ないと思う必要はないとしています。



 「先輩たちも新人に即戦力を求めてないから大丈夫」「焦らずゆっくり慣れていけば百点だと思う」――そう優しく語りかける漫画には、新人側の立場の人から「いまの私の気持ちに寄り添ってもらえて嬉しい」「今の自分の心に響きすぎて、パイプオルガンかと思いました」などの声が寄せられています。



 真船さんは、テレビ業界の裏側をAD視点で描いた漫画『オンエアできない!Deep』を手がけたほか、Twitterで日常をユーモラスに描くエッセイ漫画を更新中です。



作品提供:真船佳奈さん


    ランキングゲーム・アニメ

    前日のランキングへ

    オススメゲーム

    ニュース設定