相席・山崎ケイ、結婚後の変化に後輩芸人が苦言 「牙抜けた」「シャバい」

0

2021年04月14日 07:40  しらべぇ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

しらべぇ

写真(©ニュースサイトしらべぇ)
(©ニュースサイトしらべぇ)

13日深夜放送『ウチのガヤがすみません!』(日本テレビ系)に相席スタート・山崎ケイが出演。結婚後「お笑い熱が下がっている」と暴露され、後輩女芸人・ヒコロヒーらが苦言を呈した。

◼牙が抜けた山崎

20年10月、所属する吉本興業の後輩で落語家の立川談洲と結婚した山崎。「ちょうどいいブス」を自称し、人気を博してきた彼女の突然の結婚に祝福の声が殺到している。

しかしその後の変化を鬼越トマホークが暴露。「番組収録前、『結婚してから頑張って前に出なくてもよくなってきた』と発言していた」「一言も言葉を発さない回がある、芸人としての牙が抜けている」と、山崎のお笑い熱が下がっていると指摘した。

関連記事:日向坂46・齊藤京子、女芸人の妬みに共感 「私もそういう世界で生きてる」

◼ヒコロヒーが一蹴

ヒロミからも「昔に比べたら発言する回数は減った」と言及された山崎は、「正直、(前に出るために)立ったり座ったりするのは人妻の仕事じゃない」と吐露。

「結婚したらコストコに行く仕事が増えると思っていたのに、いまだにここで立ったり座ったりしている」と現状への不満を明かす。女芸人の後輩・ヒコロヒーは「結婚してから急に『女はデコルテ』って言い出した。シャバいな」と山崎の変化を切り捨てた。

◼内転筋は山崎の勝ち?

山崎は「結婚してから、脚をちゃんと閉じるよう心がけている。発言こそ(負けているけど)、内転筋(内ももの筋肉)の努力は私のほうがしている」と、大股開きで座っているヒコロヒーに反論する。

これにヒコロヒーは「内転筋かなんか知らない。脚閉じてるから立ったり座ったりができないって言ってるけど、さっきから見てると『しなくていい』って感じじゃなくて単純に間に合ってない」とお笑いの反射神経が鈍っているとあきれ果てた。

◼結婚した女芸人は…

結婚後の変化をイジられた山崎。人妻芸人として「自分なりの仕事への向き合いかた」があるようだが、周囲の芸人の理解は得られなかったようだ。

ネットでは以前から「ちょうどいいブスで非モテ稼ぎしまくった山崎ケイが結婚してノロけまくってて無双、早くこれになりたい」と結婚後の山崎に関する意見が散見されている。

また残念ながら「結婚してからも活躍し続ける女芸人が思い浮かばないので、女は結婚したらつまらなくなるんだって思うようにした」と結婚後の女芸人が「つまらなくなる」と推測する声も少なくなかった。

・合わせて読みたい→日向坂46・齊藤京子、自身のキャラに悩み 「ネットでいろいろ書かれて」

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

    ニュース設定