ワークステーション構築に! Silicon Powerが7-in-1のUSB-Cハブ「SU20」を発表

0

2021年04月14日 08:01  Techable

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Techable

写真写真
ポートがUSB-Cに一本化されたPCを使っている人にとって、周辺機器をつなげるのにハブやドックは欠かせない。そうしたユーザーのあらゆるニーズに応えるUSB-Cハブ「SU20」が台湾のアクセサリーメーカーSilicon Powerから発表された。

PD給電対応のUSB-C、4K動画も転送できるHDMIなど備える7-in-1タイプだ。
Type-Aポートは3つかつて大半のPCにはUSB-Aポートが搭載されていたが、今ではすっかり目にしなくなり、万能なUSB-Cに一本化されている。しかしUSB-A端子を採用しているガジェット類はメモリースティック、デジカメ、CDプレイヤーなどまだ数多くある。

そこでSU20ではUSB 3.2 Gen 1 Type-Aポートを3つ搭載している。3つもあれば同時に複数のデバイスをつなげてマルチタスクをこなすことができ、しかもデータ転送速度は5Gbpsと作業の効率アップを図ることができそうだ。
Type-C は60W出力もちろんType-Cポートも備えている。こちらは60W出力のPD給電となっていて、ラップトップやタブレット端末、スマホなどをつないで素早く充電するのに使える。

加えて、動画を扱うことが多い人にとっては、4K(3840×2160ピクセル)@30Hzに対応するHDMIが備わっているのもポイント。一方でカメラを使う人にとってはSDカードとマイクロSDカードのスロットがあるのは嬉しい。いずれのスロットもSDHCとSDXCに対応する。

SU20のサイズは130×35×13ミリとコンパクトで、アルミ材を採用しているため71.6グラムと軽量だ。家庭で、オフィスで、出先に携帯してと、場所を選ばずワークステーションを構築するのに活躍しそうだ。

Silicon Power
    ニュース設定