広末涼子、迷彩服でスナイプ! 『桜の塔』カメラ目線の潜入捜査ショット公開

1

2021年04月14日 09:11  クランクイン!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!

写真ドラマ『桜の塔』水樹爽役で出演する広末涼子の迷彩服ショット (C)テレビ朝日
ドラマ『桜の塔』水樹爽役で出演する広末涼子の迷彩服ショット (C)テレビ朝日
 俳優・玉木宏が主演する4月15日スタートのドラマ『桜の塔』(テレビ朝日系/毎週木曜21時)より、警視庁捜査一課主任・水樹爽役を演じる女優の広末涼子が迷彩服姿でエアガンを構える写真が解禁された。

【写真】広末涼子の“ひょうきんショット” マネージャーが撮影

 本作は、警視庁を舞台に、その頂点=警視総監の座を巡り展開する組織内のパワーゲームと、野望と正義が入り乱れる究極の人間ドラマ。脚本は、『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』(2019年)で東京ドラマアワードグランプリなどを受賞した武藤将吾による完全オリジナル。

 玉木が演じる主人公・上條漣は、幼少期の“ある出来事”が火種となり、権力を手に入れることを渇望するようになった警視庁捜査共助課の理事官。ゆくゆくは、ほかでもない自分が警視総監になるため、まずは自らが属する派閥のトップが警視総監になることが出世の近道と考えた彼は、どんなに汚い仕事もためらうことなく遂行し、野望の階段を駆け上がっていくことに…。

 広末演じる捜査一課主任・水樹爽は、漣の幼なじみで良き理解者。明るく面倒見のいい姉御肌タイプで、正義感が強く、情に厚い上に、曲がったことが大嫌い。漣の父・勇仁を警察官として尊敬している。漣とは刑事としての姿勢や考え方でよく対立するが、実は誰よりも彼のことを心配している。

 解禁された写真には、爽が捜査の一環としてサバイバルゲームに参加する際に着ていた迷彩服を身にまとい、カメラに向かってエアガンを構える広末涼子のりりしい姿が写されている。

 4月15日放送の第1話では、一般市民を人質に取った銀行立てこもり強盗事件が発生。水樹爽(広末涼子)は部下の富樫遊馬(岡田健史)らと事件現場を包囲し、「SAT」の出動を要請する。だが、次期警視総監の座を争う派閥間の摩擦によって対応が遅れたせいで覆面をかぶった犯人が人質の1人に発砲し、逃走してしまう。

 防げたはずの事件を防げなかったことに激しい怒りを覚える爽は、ずば抜けたプロファイリング能力と隙のない理論で犯人特定の手がかりを提示し、捜査の陣頭指揮代理に抜てきされた漣(玉木宏)に、強盗犯は誰だと思うか意見を求められる。犯人が使ったのは最新の3Dプリンターで作成した改造銃だという漣の見立てを元に絞り込んだ容疑者の中から、爽は刑事の勘で蒲生兼人(森崎ウィン)がホンボシだと推測。そんな爽に、漣はとんでもない指示を出し…!?

 木曜ドラマ『桜の塔』は、テレビ朝日系にて4月15日より毎週木曜21時放送(初回10分拡大)。

このニュースに関するつぶやき

  • ぢつわなにげに「迷彩服」ほしいんだよなwwwカッパのみそれだw
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定