まずはお取り寄せで味わいたい。長野・小布施町に信州産フルーツのタルトが楽しめるカフェがオープン

0

2021年04月14日 10:01  isuta

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

isuta

写真写真

信州産の果物がふんだんに使われたフルーツタルトが楽しめるカフェ「KUTEN。(くてん)」が長野県小布施町に4月24日(土)にオープン。

開店に先駆け、オンラインストアもオープンしました。

人気エリア小布施にオープンするカフェ

葛飾北斎や小林一茶ゆかりの地として知られる小布施町は、長野県有数の観光地です。

「KUTEN。」は、名所・岩松院(がんしょういん)からほど近い、土産物店だった建物をリノベーションしてオープン。

小布施の景色を眺めながら、地産食材を使ったスイーツやランチが楽しめるそうですよ。

カフェで製造・販売されるフルーツタルトは、食材の宝庫・長野県北信地域の素材がたっぷり。

フルーツはもちろん、小布施町の名産・栗、タルト生地に使われる卵や牛乳、小麦も周辺地域で作られたものが使われるそうです。

また、小さな傷がついている、規格外であるなどの理由で市場流通されない果物を積極的に仕入れてお菓子にすることで、新しい食の循環づくりにも取り組んでいるのだとか。

お取り寄せできるフルーツタルト

フルーツタルトは、オンラインストアからお取り寄せできるのもうれしいポイントです。

山ノ内産ブルーベリーと3層チーズのタルト』(税込3,300円+送料)は、ブルーベリーソースたっぷりのレアチーズケーキ。

北信州の自然環境を最大限に活かして作られたブルーベリーの甘さが楽しめるそうですよ。

山ノ内産りんごと紅茶のタルト』(税込3,200円+送料)は、りんごのシャキシャキ感が特徴の紅茶香るタルト。

りんごの名産地・山ノ内町で収穫された「サンふじりんご」を使用して、仕上げに小布施町で作られる「あんずジャム」をプラスしています。

北信州産春いちごのタルト』(税込3,300円+送料)は、アーモンドクリーム×サクサクの土台に、香りが強く心地よい酸味のいちご「さがほのか」がたっぷり乗った、“これぞ、タルト”な一品。

佐賀県生まれの「さがほのか」ですが、タルトには北信州で丹精込めて作られたものが使われているそうですよ。

※サイズはいずれも15cmホール

小布施散策のひと休みにぴったりなカフェKUTEN。

まずはタルトをお取り寄せしてみてはいかがでしょう。

KUTEN。Fruit&cake 場所:長野県上高井郡小布施町雁田604 ※小布施スマートICから車で約10分、長野電鉄 都住駅から徒歩約15分 営業時間:テイクアウト10時〜17時(なくなり次第終了) カフェ11時〜17時、ランチ11時30分〜15時(L.O.は30分前) 月曜定休(冬季短縮営業)

KUTEN。オンラインストア https://kutenonline.com

    ニュース設定