ディプティックの香りでパリ、ロンドン、NYへ旅行気分。各都市でしか買えないシティキャンドルが気になる

0

2021年04月14日 10:51  isuta

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

isuta

写真写真

2021年に創業60周年を迎えた、パリのフレグランスメゾン「diptyque (ディプティック) 」。

4月15日(木)〜 25日(日)の期間限定で、City Candles(シティ キャンドル)が販売されます!

ディプティックの「シティキャンドル」が期間限定で登場

香りによって世界旅行へと誘う、diptyqueの類まれなシティキャンドル コレクション。東京、パリ、ロンドン、ベルリン、マイアミ、ビバリーヒルズ、ニューヨーク、上海、香港の9都市がラインナップしています。

9種類のシティキャンドルは、各税込1万670円。

揺れる炎とともに、それぞれの都市のエッセンスを調和した香りが、独特の風景を描き出すんだとか。

気になる各都市の香りを一部紹介

こちらは、パリのシックなエッセンスが込められている「キャンドル パリ」。ミステリアスなシプレ系ノートが、ラベンダーの香りで際立ちます。

「キャンドル シャンハイ」は、中国の伝統からインパイアを受けた香りを楽しめるそう。繊細な香りのモクセイの花が緑茶と結びつき、茶道にオマージュを捧げています。

アメリカからは、ニューヨーク・マイアミ・ビバリーヒルズの3都市がラインナップしていますよ。

「キャンドル ニューヨーク」は、スピークイージー(隠れ酒場)の黄金時代と夜のニューヨークの雰囲気を思わせるような香り。シダーウッド、ベチバー、パチュリがミステリアスな香りで強調され、伝説的で現代的な隠れ酒場の香りを演出しているといいます。

「キャンドル マイアミ」は、リゾート感が感じられるデザインも魅力的。繊細なマグノリアのエキゾチックな香りに、フロリダの代表的なデザートである、“キーライムパイ”を思わせるシトラスノートが調和したフレグランスを楽しめます。

「キャンドル ビバリーヒルズ」がイメージしているのは、パームツリーや緑豊かな庭園。白い花々の香りにミントとレモンが加わった、フローラルな香りになっているそうですよ。

期間限定販売だから要チェック!

シティキャンドル コレクションは、4月15日(木)〜 25日(日)で期間限定発売。オンラインストアでチェックするか、青山店、GINZA SIX店、六本木店、丸の内店、伊勢丹新宿店の展開店舗でゲットしてくださいね!

diptyque公式サイト https://bit.ly/3wT8u0m

    ニュース設定