「僕の知らない面白いを教えて下さい」シソンヌ・じろう&本谷有希子が『Hulu U35クリエイターズ・チャレンジ』審査員に

0

2021年04月14日 11:41  テレビドガッチ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

テレビドガッチ

35歳以下を対象とした新世代の映像クリエイター発掘&育成プロジェクト『Hulu U35クリエイターズ・チャレンジ(通称:HU35)』の新たな審査員として、本谷有希子、シソンヌ・じろうが就任、コメントが到着した。

2021年3月31日(水)から2022年3月にかけて開催される『Hulu U35クリエイターズ・チャレンジ』は誰もがスマートフォン一つで簡単に映像作品を作り、発表できるようになった現代ならではの創造力に富んだ若きクリエイターたちとともに新しいエンターテインメント作品を発信することを目指して、Huluが新たに立ち上げる一大プロジェクト。

本プロジェクトでは映画・映像業界に限らず各界のトップクリエイターによる、多角的な視点から新たな若き才能を目指すため、先に発表された沖田修一監督(審査員長)、橋本愛という2名の審査員に加え、今回新たに、「劇団、本谷有希子」を主宰し、作・演出を手掛けるほか、2016年に「異類婚姻譚」で第154回芥川賞を受賞するなど小説家としても活動する本谷、そして2014年『キングオブコント』(TBS系)で優勝するなど稀代のコント師として人気を博し、近年では自著の同名小説を原作とした映画『甘いお酒でうがい』や、今年1月より放送されたTVドラマ『でっけぇ風呂場で待ってます』(日本テレビ系)など脚本家としても多くの作品を手がけて活躍する芸人のシソンヌ・じろうを審査員として迎えた。

映画監督/女優/劇作家・小説家/芸人・脚本家と、それぞれ異なるフィールドの第一線で活躍するトップクリエイター4名が審査員として異例の集結を果たした本プロジェクト。審査員それぞれが持つ独自の目線、感性によって、続々と応募が集まっている若きクリエイターたちのなかからどのような才能が見いだされ、新たなエンターテインメント作品が生まれるのか?

本谷、じろうのコメントを以下に紹介する。

<本谷有希子>
時々、映画やドラマを観ていると、「どういうつもりでわざわざ予算と労力をかけて、こんな、死ぬほどどっかで観たことあるような作品を作ろうと思ったんだろう。これ、制作した大人が本気で面白いと思ったんだろうか」と憤りたくなることがある。思うに、そういう作品は「どうしてもこれを作りたい」と真剣に思って関わってる人が不在なんじゃないか。バズりそうなものとか、ウケそうなものとかどうでもいいから、とにかく作り手が「これ、最高に面白いやんけ」と思い込んでるものが観たい。人にどう思われるかとか、どうでもいいです。自分が観たいものを正直に作って下さい。それが私にも結果的に面白ければ、審査を無事、通過すると思います。

<シソンヌ・じろう>
人を笑わせるのが好きですし、自分自身が笑うのも好きです。自分の中に相当な数の笑わせ方のデータがあると思うのですが、映画を見ていると、訳もわからず笑ってしまうことがあります。まだ僕の中に突っつかれていないツボがあるようなのです。僕の知らない面白いを教えて下さい。目を見てはっきりと「面白かったです」と伝えたいです。

<Hulu U35クリエイターズ・チャレンジ 概要>
◆名称:Hulu U35クリエイターズ・チャレンジ(通称:HU(エイチユー)35)
◆募集期間:2021年3月31日(水)〜5月9日(日)23時59分まで
◆審査スケジュール
・一次選考:2021年5月10日(月)〜5月23日(日)
・二次選考:2021年6月14日(月)〜6月27日(日)
・三次選考:2021年7月下旬〜8月上旬
・ファイナリストによる短編作品 制作準備・制作期間:2021年8月〜2022年2月
・短編作品配信:2022年2月中旬
・最終審査会:2022年3月
◆公式HP:http://HU35.jp/
◆公式Twitter:https://twitter.com/U35_hulu
主催・企画・製作/HJホールディングス株式会社
制作・運営/東京テアトル株式会社
    ニュース設定