『日本キャラクター大賞2021』グランプリは映画『鬼滅の刃』 群を抜いた商品化&タイアップ

33

2021年04月14日 13:57  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真『日本キャラクター大賞2021』グランプリを受賞した「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」 (C)ORICON NewS inc.
『日本キャラクター大賞2021』グランプリを受賞した「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」 (C)ORICON NewS inc.
 2020年度の日本国内で最も活躍したキャラクターやライセンスブランドにおくられる『日本キャラクター大賞2021』表彰式が14日、都内で開催され、グランプリは「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」が受賞した。

【写真】呪術、ガンダム…人気作品のグッズがズラリ

 選評について選考員の代表者は「2019年の勢いをそのままに20年を象徴するヒット作品となり、キャラクター市場をけん引した功績は大きい。コロナ禍にも関わらず国内興行収入で新記録を樹立し、商品化やタイアップなどの展開も群を抜いていた。幅広いターゲットに支持され、社会現象まで巻き起こし、20年を席巻したコンテンツといえる」とした。

 製作会社のアニプレックスの担当者はグランプリを受賞し、「(映画は)いろんな方々にご覧いただき、いろんなジャンルの企業様に支えられてこのような賞を受賞できたと思います」と喜び。

 続けて「ライセンシー各社様、鬼滅の刃愛が高くて『5回観ました』『7回観ました』というお声をいただき、たくさんの回数をご覧いただいたからこその企画というのを提案いただきました。我々としても楽しいライセンスのお仕事をさせていただいております」とし、「引き続き世の中に『鬼滅の刃』を届けていけるように精進して参ります」と意気込んだ。

 同賞は、キャラクターやブランドを使った商品展開や広告キャンペーンなどをはじめとしたライセンスビジネス産業発展に寄与するため、2009年より発足。世界有数のライセンスビジネス大国へと成長した日本において、業界のさらなる発展と認知拡大を目指して創設された。

 09年は『ポケットモンスター』、10年は『ONE PIECE』、11年は『こびとづかん』、12年は『ONE PIECE』、13年は『くまモン』、14年は『ふなっしー』、15年は『妖怪ウォッチ』、16年は『おそ松さん』、17年は『ポケットモンスター』、18年は『怪盗グルーシリーズ』、19年は『すみっコぐらし』、20年は『TVアニメ「鬼滅の刃」』が、それぞれグランプリを受賞した。

■日本キャラクター大賞2021受賞一覧
グランプリ:「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」
キャラクター・ライセンス賞:「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」、「ディズニー ツイステッドワンダーランド」、「TVアニメ『呪術廻戦』」
ニューフェイス賞:「クマーバチャンネル」
プロダクト・ライセンシー賞:「キャラクター30枚入BOXマスク」
プロモーション・ライセンシー賞:「クレヨンしんちゃん×クラフトボス」
リテイル賞:「miffy style」
選定委員特別賞:「機動戦士ガンダムシリーズ」

このニュースに関するつぶやき

  • 鬼滅の刃以外だったら逆にビックリだわ。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 納得ですぅ!
    • イイネ!11
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(15件)

ランキングゲーム・アニメ

前日のランキングへ

オススメゲーム

ニュース設定