主食の竹、苦味感じにくい=ジェントルキツネザルの機能低下―京大

4

2021年04月14日 14:01  時事通信社

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

写真竹を食べるハイイロジェントルキツネザル(糸井川壮大・京都大霊長類研究所研究員提供)
竹を食べるハイイロジェントルキツネザル(糸井川壮大・京都大霊長類研究所研究員提供)
 マダガスカル島に生息するジェントルキツネザルが、苦い竹を主食にできるのは苦味を感じる機能が弱まっているためとの研究成果を、京都大霊長類研究所(愛知県犬山市)の今井啓雄教授らの国際研究チームが14日、英国の国際学術誌電子版に発表した。

 研究チームは、ジェントルキツネザル3種と、近縁関係のワオキツネザルを比較。苦味を感じる受容体「TAS2R16」を培養した細胞が、青酸化合物など苦味物質にどう反応するかを調べた。

 解析の結果、ワオキツネザルは青酸化合物など3個の苦味物質全てに、ジェントルキツネザルよりも強い反応を示した。さらに、ジェントルキツネザル3種の間でも苦味反応に差異があることも判明した。

 同チームは、ジェントルキツネザルは進化の過程で各系統ごとに竹の苦味に鈍感となり、他の動物が食べない苦い竹を食べられるようになったとみている。 

このニュースに関するつぶやき

  • ヒトを含む狭鼻猿は毒を避けるために苦味受容体を発達させている。どちらも良い戦略。難破した時、泳げる者はより上手く泳げた方が、泳げない者は徹底的に泳げない方が助かりやすい、的な… https://mixi.at/a6GfaIC
    • イイネ!3
    • コメント 0件
  • ヒトを含む狭鼻猿は毒を避けるために苦味受容体を発達させている。どちらも良い戦略。難破した時、泳げる者はより上手く泳げた方が、泳げない者は徹底的に泳げない方が助かりやすい、的な… https://mixi.at/a6GfaIC
    • イイネ!3
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

ニュース設定