敏感肌がしっとりする、高純度な椿油とワセリンを発見。目尻にもいい!

0

2021年04月14日 15:51  女子SPA!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

女子SPA!

写真ジャポネイラの「生の椿油」
ジャポネイラの「生の椿油」
 キレイになりたい皆さま、こんにちは。美容活動、略して「美活」も2年目に入ったにらさわあきこです。

 冬の乾燥のダメージが続いているこの時期、何もしないと全身がカサカサになってしまいがち。とはいえ、合わないクリームを使うと違和感を覚えますよね。今回は、敏感肌の私が最近愛用しているボディ用アイテムをご紹介します。

◆しっとりが長続きする「生の椿油」

 まずは、純度の高いジャポネイラの「生の椿油」。こちらは、ホテル椿山荘東京のエステ「悠 YU, THE SPA」で出会いました。3月7日まで期間限定で提供されているメニューで体験したのですが、一度のケアでしっとりが長続きしたのでその後も愛用するに至りました。

 大島産の国産ヤブツバキの種子を非加熱で精製したもので、いわば「生」のような状態だとか。
 エキストラバージンオイルならぬ、エキストラバージン椿オイルといって顔にも使えるそうなのです。

 使用感はオイルなのにサラサラで、癖がなく無臭で使いやすいです。べたつきは、オイルの割に多くないという感じでしょうか。伸びが良いです。
 また、持ちがよいのも気に入った理由で、このオイルは一度塗るとしっとりが長続きするのです。

 しかも顔に使えるほどクオリティが高いので、私は乾燥するときには携帯して、目尻やほうれい線のシワっぽい場所に塗っています。中でも、目尻はこのオイルの保護があると無いとでは大違いで、フィルターで守られているような安心感があります。

 髪にも使えるので乾燥期には毛先につけたりもします。ボディにはもちろん、シワにも髪にも使える万能ぶりもオススメしたい理由です(15ml・1760円、50ml・5060円)。

◆美容師も使用する 高純度ワセリン「ワセニコ」

 続いては、ワセリンです。私は敏感肌なのでワセリンは年中使っているのですが、純度により使用感は様々。主に皮膚科から出してもらったものを使っていたのですが、今年のようにクリニックに行きづらい時には、市販のものを購入しています。

 そんな中で出会ったのが、ハホニコ・ハッピーライフの高純度ワセリン「ワセニコ」。

 手荒れが酷い美容師さんのために開発されたワセニコは、ひどい手荒れにも対応すべく純度が高いのが特徴です。指先がひどいときに使っているのですが、純度が高いだけに使用後はべたつきます。しかし逆にそれがいい! 手先や指のひび割れに、頼もしいと感じられるのです。

 そしてかなりの量が手に残るので、そのままボディにも伸ばし、乾燥してかゆく感じる辺りにも塗るようにしています。

 さらに、私は唇の荒れや、ほうれい線や目尻のシワにもワセリンを塗るので、椿オイル同様、こちらも顔にもさっと使います。ワセニコはミントが含まれているので、鼻詰まり時には、鼻の下に塗ってもありがたい感じです。これから花粉が増えてきた時にも「期待大」という感じでしょうか。

……以上、乾燥する季節にオススメのボディケアグッズをご紹介しました。乾燥をほおっておくと、固くなったり、黒ずんだり、かさついたりしていいことはありません。トラブルになる前にケアをして、美ボディをキープしていきましょう。

―「美活(今さら)始めました」―

<文・写真/にらさわあきこ>

【にらさわあきこ】
NHKディレクターを経て、文筆業に。恋愛や結婚、美容について取材・執筆を続ける中、2019年に「美活部」を発足。簡単&ラクに綺麗になるための情報をブログやインスタなどで発信。著書に『未婚当然時代』(ポプラ新書)『婚活難民』(光文社)『必ず結婚できる45のルール』(マガジンハウス)など。インスタ:@akiko_nirasawa_beauty、ブログ:『美活☆365日 簡単&ラク〜に綺麗になろう!』

    ランキングトレンド

    ニュース設定