社内恋愛ってしちゃダメなの?企業のリアルな声を調査した

161

2021年04月14日 15:51  女子SPA!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

女子SPA!

写真写真
 会社は仕事をする場であり、出会いの場でもある――。日本の多くの夫婦は、職場や仕事先の出会いがきっかけ。だが、社内恋愛には賛否両論がつきものだ。あなたはどっち派? 社内恋愛の是非を問う。

◆会社をクビ、祝い金贈呈、分かれる企業の対応

 コロナ禍で恋愛の場が制限される昨今、職場での出会いに期待する人もいるだろう。だが、社内恋愛をとりまく状況は変わりつつある。

 厚労省の出生動向基本調査によると、’92年には夫妻が出会ったきっかけの35%が「職場や仕事で」だったが、その年をピークに少しずつ減少し、最新の’15年の調査では28.1%に。

 さらに、日経BPコンサルティングの調査によれば、創業年数の古さに比例して社内恋愛や結婚がお盛んである一方、若い企業ほど恋愛禁止が多い結果となった。

 背景には会社の規模や勤続年数も関係していると推測されるが、社内恋愛への価値観の変化が窺える。

◆社内恋愛のメリット、デメリットは?

 では、当の会社員は社内恋愛をどう感じているか。社内恋愛が盛んな企業で働く西澤愛美さん(仮名・30歳・製造)は話す。

「隣の部署の11歳年上の先輩と仲良くなり、アプローチを受けて付き合うことになりました。バレないように気を使いましたが、仕事を通じて相手の人間性を深く知れるし、残業の具合や繁忙期がわかるから予定が合わせやすくて、メリットを感じていました。

 でも、別れて気まずくなった人や不倫関係の人もいましたね。たとえ恋愛禁止にされたところで、逆に燃えるんじゃないですか」

 一方、職場での恋愛が禁止されているという石川大輔さん(仮名・37歳・IT)はこう話す。

「入社が決まって雇用契約書にサインする際に『個人情報を介する相手との付き合いを禁ずる』という文面がありました。恋愛を禁止する意味を含んでいて、一対一の食事もNG。社員の間にはプライベートに関わらない空気があります。

 従業員40人ほどの成長過程にある会社なので、恋愛で揉めて優秀な人材が抜けるのは大きな損失になる。方針は理解できるし必要だと思います。

 違反すると契約見直しになるので守るつもりですが、もし気になる人がいたら内緒で付き合うかも。クビにならないように必要不可欠な人材になるしかないですね」

◆その他にもさまざまな声

 その他にも、社内恋愛の是非についてさまざまな声が上がった。

「以前働いていた会社には、社内恋愛がバレたら最低でも異動、最悪クビという暗黙のルールがありました。女性の多い職場でしたが、恋愛禁止のおかげで気兼ねなくコミュニケーションが取れて、とても働きやすかったです」(男性・26歳・アパレル)

「他の業界の人と休みが合わない仕事で拘束時間も長いから、社内くらいでしか出会いがない。会社が推奨してくれたら恋愛しやすくていいのにと思います」(女性・22歳・美容師)

◆「さらわれてた油揚げがトンビをつかまえてきた」

 では、企業側はどう考えているのか。ほとんどの企業は、社内恋愛について禁止も推奨もしていないが、なかには、社内恋愛を支援する福利厚生を取り入れる企業もある。

 食品機械メーカーのサタケは、社内結婚した社員を対象に、自社製品の祝い品を贈呈し、保育施設が最大半額で利用できる制度がある。設立の経緯を広報に聞いた。

「他社の男性と結婚した女性社員の寿退社が相次ぎ、社長が『まるでトンビに油揚げをさらわれるようだ』とこぼしたことをきっかけに、’10年から社内結婚推奨の取り組みを始めました。

 今まで計19組の夫婦に適用し、『休日が合うので予定を立てやすい』『職場の事情を共有でき、急な出張などにも理解が早い』と好評です。女性社員の定着にもつながり、他社で働いていた婚約者の男性が当社へ転職してくるという、“さらわれてた油揚げがトンビをつかまえてきた”ケースもありました」

 年に1組程度が社内結婚するPR会社のサニーサイドアップでは、社内結婚や2人目以降の子供誕生で最大100万円を支給。制度の狙いを広報が解説する。

「PR会社に重要なのが、インプットとアウトプット。インプットにあたるプライベートを充実させることが仕事に生きてくると考えています。社内恋愛を推奨するというより、あくまでも選択肢としての受け皿を用意しているということです」

 ほかにも自動車メーカーのトヨタ自動車では、グループ企業間の婚活イベントに参加できるネットシステムを設立。ウェブ事業のDYMは社内結婚だけでなく社内カップルにも祝い金を支給している。

◆「転職が多いベンチャーはデメリットが目立つ」

 職場恋愛に対して企業のスタンスが異なるのはなぜか。人事ジャーナリストの溝上憲文氏は「要はメリット・デメリットのどちらを重要視するか」と述べる。

「社内恋愛のメリットは、好きな人と一緒に仕事をすることで、社員のチームワークとモチベーションが高まり、生産性の向上や忠誠心にもつながることです。また、社内結婚して子育てをする場合、育児休暇を夫婦交代でとることができるので、育児と仕事の両立という点でも有効です。

 対してデメリットは、度を越すと風紀が乱れてしまい、最悪のケースは関係がこじれて愛情が憎しみに変わり、セクハラ問題に発展してしまう場合です。昔ながらの家族経営的な大企業ほどメリットを優先し、転職が多いベンチャー企業は、デメリットが目立つといえます」

 推奨か禁止かでいうと、どちらになるか? 溝上氏に問うた。

「どちらかといえば、社内恋愛はメリットのほうが大きいと考えます。ただ、上司と部下の場合は注意したほうがいい。セクハラの問題や昇給や昇進に私情を挟んでしまうといったトラブル防止のため、どちらかを異動させるなどの措置を講じたほうがいいでしょう」

◆将来、社内恋愛は禁止されるか?

 このようなリスクがある点から、社内恋愛はセンシティブな扱いになっていくのだろうか。今回、社内恋愛を支援する制度について取材を断られた企業が3社あったことからも予感させる。将来、社内恋愛が禁止される社会になりうるのか?

 社内恋愛事情に詳しい文筆家で労働団体職員の西口想氏は次のように分析する。

「企業が従業員の私的生活を制限して、恋愛を完全に禁止することは法的に難しい。恋愛は基本的人権の人格権に含まれるからです。よって、恋愛を禁止するのではなく、セクハラにならないような覚書をつくるかたちになります。

 米国では、アンチ・フラタニゼーションという上司と部下の親交禁止のポリシーを持つ企業は多い。背景には、セクハラの損害賠償金額が高額であり、企業のリスクが大きいこともあります。

 ’19年に米マクドナルドの社長兼最高経営責任者が解任されたのは従業員と関係を持ったから。合意を得たうえでの関係でも認められないのです」

◆日本は国際比較で職場恋愛が非常に多い

 実は、日本は国際比較で職場恋愛が非常に多い国らしい。

「理由の一つに、労働時間が長く、社外で誰かと知り合って深い仲になるのが難しい点があった。

 それが近年、労働時間管理の徹底やハラスメント防止ルールにより、職場の上下関係を背景にした恋愛は難しくなりつつある。禁止・推奨にかかわらず、これまで多かったかたちの社内恋愛が成立しにくい社会になってきたといえます」(西口氏)

 社内での出会いに期待できるのも今のうちかもしれない。

◆社内恋愛・結婚を支援する制度がある企業

・トヨタ自動車(自動車メーカー)
登録するとグループ企業間のイベントにエントリーできるウェブシステム「恋活プログラム奏(かなで)」で出会いをサポート。入会金や登録料は無料。登録者は男女約3600人。イベントは累計8000人以上が参加

・サタケ(食品機械メーカー)
結婚時に祝い品として自社の家庭用精米機を贈呈。夫妻ともに5年勤続すると自社製品の商品券3万円分を贈呈。子供の社内保育室の利用料が5%引き。2人同時に預ける場合は第2子の利用料が半額

・サニーサイドアップ(PR事業)
社内結婚すると祝い金32万円を支給。同性婚も対象となる。社内結婚後2人目以降の子供出産で、その都度100万円支給。恋愛勝負休暇や離婚休暇などもあり、恋愛・結婚以外にもユニークな制度が多数

・DYM(ウェブ事業)
四半期ごとの式典にて全社員の前で交際宣言を行うと、3万円のカップル手当を支給。社内結婚すると30万円の結婚手当を支給。社員同士の恋愛を応援することで、社内の結束力を高める狙い

上記以外に取材・掲載を断られた企業が3社、制度が廃止になった企業が1社あった。ちなみに、恋愛禁止を公にアピールしている企業は見当たらなかった

【人事ジャーナリスト・溝上憲文氏】
経営、人事、雇用、賃金、年金問題を中心に執筆活動を展開。著書に『人事部はここを見ている!』(プレジデント社)

【文筆家・労働団体職員・西口 想氏】
テレビ番組制作会社勤務を経て、現在は労働団体職員。文筆家としても活動。著書に『なぜオフィスでラブなのか』(堀之内出版)

<取材・文・撮影/桜井カズキ 伊藤 綾 高田彰吾 ツマミ具依>

このニュースに関するつぶやき

  • 両親職場(大学事務)結婚、俺そこの卒業生で嫁さん大学生の時に出逢っている。大学に寄付した方が良いだろうか……?
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 書いてあるように上司と部下禁止は賛成ww好きな女子のみめっちゃ贔屓してるおっさんがいたわww
    • イイネ!37
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(108件)

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定