秋元被告が撤退引き留め=贈賄側元顧問が証言―IR汚職

3

2021年04月14日 18:01  時事通信社

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

 カジノを含む統合型リゾート(IR)事業をめぐる汚職事件で、収賄などの罪に問われた衆院議員秋元司被告(49)らの公判が14日、東京地裁(丹羽敏彦裁判長)であり、贈賄側の中国企業「500ドットコム」の紺野昌彦元顧問(49)=贈賄罪などで有罪確定=の証人尋問が行われた。秋元被告にIR事業からの撤退を伝えた際、秋元被告から引き留められたと証言した。

 紺野元顧問は2018年10月、もう一人の元顧問とともに秋元被告を訪問。IR事業への参入を目指していたドットコム社が撤退に傾いていると伝えると、「今いろいろ頑張っている。必ずどこかに入れるから」と言われ、事業への参画を目指す国内の大手ゲーム企業会長との昼食に誘われたと話した。 

このニュースに関するつぶやき

  • 外国勢力に国を売り渡す時ってどんな気持ち??
    • イイネ!2
    • コメント 0件
  • 外国勢力に国を売り渡す時ってどんな気持ち??
    • イイネ!2
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(3件)

ニュース設定