今井翼、ジャニーズ一番の「円満退社組」に! マッチもヒガシも後押しで共演解禁も間近か

0

2021年04月14日 20:02  日刊サイゾー

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日刊サイゾー

写真松竹エンタテインメント公式プロフィールより
松竹エンタテインメント公式プロフィールより

 2018年にジャニーズを退所した今井翼が順風満帆だ。現在、主演ミュージカル『ゴヤ-GOYA-』が公演中の今井だが、この舞台の初日取材は異例づくしだったという。会見に参加していたメディアの編集者はこう語る。

「この日、実は今井の元相棒である滝沢秀明が演出を務める『滝沢歌舞伎ZERO 2021』も別の劇場で初日を迎えていたのですが、記者から『滝沢歌舞伎も初日ですね』と振られたんです。今井は『そうなんですよ』と笑顔で答え、『お互いに、それぞれ一生懸命です』と答えました。ジャニーズ御用メディアでもあるスポーツ新聞も『今井が滝沢について語った』という見出しで記事を出していましたよ」

 さらに今井の口からは驚きの事実が語られたという。

「今井はミュージカル初日のお祝いに東山紀之からお菓子を、近藤真彦から花を送られたことを明かしていました。タレントの退所が続くジャニーズでは最近“円満退社”を強調することが多いですが、基本的には退所者には冷たい事務所です。しかし、マッチとヒガシという事務所のトップ2人と交流を続けている今井は、正真正銘の円満退社を証明して見せましたね」(前出・ウェブメディア編集者)

 2018年、タッキー&翼のユニット解散と事務所退所が「事後報告」だったことから、滝沢やジャニーズと相当揉めて辞めたのではないかとも言われていたが、フタを開けてみれば協調関係を築けているようだ。

「滝沢と今井は確かに一時ものすごく険悪になっていたといいます。しかし、滝沢が芸能界を引退して裏方に回ったこと、さらに中居正広の口添えなどもあって、関係性は修復された。それに今井は2020年からは松竹エンタテインメントの所属になりましたから、近年のジャニーズ退所者の中では一番盤石かもしれない。ジャニーズと松竹は非常に良好な関係ですし、今後は舞台や映像作品で今井とジャニーズの共演が叶う展開もあり得る」(芸能記者)

“円満退社”といっても、ジャニーズを辞めたタレントは基本的に現役ジャニーズとの共演はNGとされることが多い。そんな前例を崩したのが2020年に退所した中居正広だ。中居の番組にはいまだにジャニーズの後輩がキャスティングされることも多く、“共演NG”も解禁になったようだ。

「ジャニーズとしても、今後ますます増えるであろう退所者を全員共演NGにするとなると、逆に損するわけです。中居は特にテレビ業界に絶大な影響力を持ったタレントですから、円満退社で今後も共演を続けたほうがジャニーズも都合がいい。今井も中居同様、今後は芝居の仕事で問題なく共演していく可能性がある。ただ、やっぱり山下智久、手越祐也、錦戸亮なんかは表向き“円満退社”で通してますけど、裏では大揉めして辞めてますから、今後もジャニーズと共演することはまずないでしょうね。ジャニーズの退所報道で“円満”と報じられても、真に受けることはできない。今井のようにジャニーズから花でも届かない限りね」(中堅芸能事務所幹部)

 正真正銘の円満退社の証として、滝沢が演出を務める『滝沢歌舞伎ZERO』に今井が出演するなんて展開があれば激アツだが……。今後の共演に期待したいところだ。

    ニュース設定