日産、「GT-R NISMO」2022年モデルを公開 さらに本気モードの“ワークスチューン”エンジンを搭載

11

2021年04月14日 20:27  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真日産が先行披露した“最上位GT-R”「GT-R NISMO」2022年モデル
日産が先行披露した“最上位GT-R”「GT-R NISMO」2022年モデル

 日産自動車は4月14日、最上位スポーツモデル「GT-R NISMO」の2022年モデルを日本で先行公開。2021年10月に発売します。



【画像】攻撃的でサーキット性能を意識したルックスに進化



 R35型GT-Rは世界的パフォーマンスを発揮する高性能スポーツモデルとして2007年12月に登場。息の長いモデルながら年々進化を遂げ、日産の技術力やブランドイメージを示す重要車種として、またクルマ好き憧れの車種として今なお君臨します。



 今回のGT-R NISMO 2022年モデルは、ボディーカラーに青みがかったグレーの専用色「NISMOステルスグレー」を設定し、NACAダクト付きのカーボンボンネットを採用。より攻撃的でサーキットを意識したルックスに変わります。



 「カーボンボンネットは、20年近く前に発表したR34型のN1レース用ベース車“V-spec II N1”も思い出す人も多くいると思います。これと同様に、ホンモノのカーボンである迫力、カーボン目地をちゃんと見せたいルックス的意図とともに、“グラム単位の軽量化、走行性能を追求している”という熱い思いも感じていただきたく採用しました」(日産自動車 GT-R商品統括の田村氏)



 そして、2022年モデル最大の進化ポイントは「エンジン」です。



 3.8リッターV型6気筒ツインターボエンジンは最大出力600馬力(NISMOグレード)。基本設計やスペック値こそ従来モデルのNISMOグレードと変わりません。



 しかし2022年モデルのエンジンは精度・バランスをさらに本気モードで煮詰めます。ピストンリング、バルブスプリング、コンロッド、クランクシャフト、フライホイール、クランクプーリーなど、動く、回る部品のさらなる高精度、高い重量バランスを追求して選定し、「匠」エンジニアが手作業で組み上げた円熟のVR38DETTエンジンを搭載。専用カラーの“匠プレート”が装着されます。



 「徹底的に部品を選び、精度を追求し、フリクションを最低限に下げ、公差・ばらつきを50%低減。レース・チューニング界のチューナーがやるようなエンジンチューニング作業を最初から行い、ポテンシャルを上げた、“ワークスチューン”的なイメージです。お客さまに見た目で分かる違いはありません。でも、“シュッと気持ちよく回る”と感動してもらえると思います」(日産自動車の田村氏)



 GT-R NISMO 2022年モデルは2021年8月に価格発表、同年10月発売予定。参考までにGT-R NISMOの過去モデル(2020年モデル)は2420万円から。これ以下にはならないだろう……と予想されます。



 こんなのとても買えそうもない……という人もご安心を。4月30日から、マクドナルドとのコラボで「ハッピーセット」に2022年モデルGT-R NISMOのトミカも登場します。


このニュースに関するつぶやき

  • うわー素敵(゚∀゚)が、宝くじでも当たらない限りは手が出ませんね。古い知人(アストンマーティン所有)なら買うかなぁ https://mixi.at/a6GykEt
    • イイネ!2
    • コメント 0件
  • うわー素敵(゚∀゚)が、宝くじでも当たらない限りは手が出ませんね。古い知人(アストンマーティン所有)なら買うかなぁ https://mixi.at/a6GykEt
    • イイネ!2
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(7件)

ニュース設定