ゆりやんレトリィバァ、ブリーチで金髪に変身 クールな姿披露で「新しく生まれ変わった」

1

2021年04月15日 00:04  モデルプレス

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

モデルプレス

写真ゆりやんレトリィバァ(提供写真)
ゆりやんレトリィバァ(提供写真)
【モデルプレス=2021/04/15】お笑いタレントのゆりやんレトリィバァが、出演するヘアカラー剤のWEBプロモーションムービー「ゆりやんゴールデンレトリィバァ」篇、「これ なんて読むねん」篇が4月15日0時より公開される。

【写真】ゆりやんレトリィバァ、10日間で激やせ 話題のダイエットに挑戦


動画を別画面で再生する

◆ゆりやんレトリィバァ、ブリーチで金髪に挑戦

「自分でつくる!#デザインカラー」をコンセプトに、ミレニアル世代・Z世代に向けて、メイクのようにヘアカラーを楽しめるさまざまなアイテムを展開している同社。

動画には、「R-1 グランプリ 2021」の優勝や昨年ダイエットによる大幅減量が話題になるなど、芸人としても女性としても注目のゆりやんが出演。ブロンドヘアに挑戦したゆりやんが、豊かな表情やキャラクター性で、ブランド名やブリーチの仕上がりをコミカルかつクールに伝える内容となっている。

「ゆりやんゴールデンレトリィバァ」篇では、ブロンドヘアに変身したゆりやんが、普段とギャップのあるクールな表情と動きで、“ブロンドヘアと新たな自分”を伝える内容に。一方、「これ なんて読むねん」篇では、ゆりやんが同商品を実際に使いながら、パッケージを見ても読み方が分からず商品にツッコミを入れていく姿がコミカルに描かれている。

インタビューでゆりやんは、「『新しく生まれ変わった!』という思いで、嬉しい気持ちです!」と喜び、「なんというか、『自分は黒しかやらない』みたいな印象を、勝手に自分で先入観を植え付けていたのですが、意外と染めていくっていいなって感じました」と満足気に語った。

◆撮影エピソード

動画の撮影は都内のスタジオで行われ「これ なんて読むねん」篇の撮影からスタート。ゆりやんは真っ白なトップスという普段とはギャップのある衣装に身を包み、元気な様子で撮影現場に登場。

早速、監督から商品名について読み方の指示があると、本番では、持ち前の頭の回転の速さとコミカルな演技で、商品名を色んな読み方でつぶやいてみたり、加えて「これなんて読むねん!」「店員さんも知らんやろ!」「お母さんこれなんて読むの〜?」などバリエーション豊富にツッコんだりと、現場を湧かせながらも、撮影はスムーズに進んでいった。

今回の撮影にあたり、ゆりやんは実際にブリーチを体験。見事な仕上がりに、「こんな色になるんですね!」と鏡を見ながら、驚きを隠せない表情だった。

後半の「ゆりやんゴールデンレトリィバァ」篇の撮影部分では、ブロンドヘアに黒の上下セットアップという、前半とはガラっと変わった衣装に身を包んで登場。決められたセリフの中でも、いつもとはギャップのあるクールな表情や動きで、ブロンドヘアで実現できる“新しい自分“を十分に表現した演技をみせた。

今回の撮影は大きなアクションがない分、高い表現力が求められる撮影に。それにもかかわらず、ゆりやんは表情や姿勢はもちろん、声のトーンやボリューム、目線や商品を持つ手など体の細部にまで意識を向けて演じていく。ゆりやんが監督の要望以上に応えたことで、撮影はスムーズに進んでいった。

撮影の合間には、終始リラックスした表情を見せつつ、現場を和ませながらも、いざ本番が始まると集中した表情でアドリブも交えながらバリエーションに富んだ演技を披露。ゆりやんの芸人としての対応力やコミカルさ、一方でギャップのある表情や動きもできるような、確かな演技力が分かる撮影となった。(modelpress編集部)

◆ゆりやんレトリィバァ インタビュー

― 撮影を終えての感想はいかがですか?

話せば長くなりますが…楽しかったです!短っ!(笑)とにかく撮影中は、色々印象に残りました。あの突き破って登場するところとかも楽しかったです。

― 実際に使ってみた感想を教えてください。

「新しく生まれ変わった!」という思いで、嬉しい気持ちです!なんというか、「自分は黒しかやらない」みたいな印象を、勝手に自分で先入観を植え付けていたのですが、意外と染めていくっていいなって感じました。

― 今回の商品はダメージレスを追求した製品ですが、実際に使ってみていかがですか?

ブリーチが終わった後、見た目が本当に金色というか白みたいな感じでビックリしました。あとは、触った時のイメージを勝手に想像した時に、バシッとかギシっとかになるんかなって思って、触ったら、柔らかくて感動しました!従来の「ギシギシになりそう」というイメージが覆りました。

― ブロンドヘアになってやってみたいキャラクターやネタはありますか?

今まで自分のネタで“NOBUTO”っていうのが実はあったのですが、これまではカツラでやっていました。なので“NOBUTO”が地毛で出来るようになるっていうのは光栄です!(※ネタの詳細はインタビュー動画を参照)

― セルフカラーをしたことはありますか?

あります。大学生になった時に初めて染めました。高校の時はダメだったのでセルフカラーっていうのが、1つの夢を叶える憧れの行動だったなって思います。

― 昨年はダイエットによる大幅な減量成功や優勝した『THE W』への再挑戦など、次々と新しいことへ挑戦するその原動力を教えてください。

昨年のダイエットは、成功したといっても、この方(製品パッケージの女性)より全然まだ太いですよ(笑)。私の原動力は、「1人サーカス」になりたいという思いですね。その場で、何でも身体1つで出来るっていうことに憧れがあるので、それを体現したいという思いが原動力になっています。

― 「変えていきたい」「変わりたい」と思うことはありますか?

やっぱり見える部分だけを正すっていう性格をやめたいですね。家の中でも、お客さんが来てくれる時は、掃除した感じを出しますけど、やっぱりクローゼットに全部押し込んだだけの人間なんですよね(笑)。そういう部分って、やっぱり人間性でも表れてくると思うので、直したいですね。


【Not Sponsored 記事】
    ニュース設定