田中圭&津田健次郎&田中みな実ら『ゴジラvsコング』吹替に参加、新予告編も公開

0

2021年04月15日 05:02  cinemacafe.net

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

cinemacafe.net

写真『ゴジラvsコング』(C) 2021WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. & LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS LLC.
『ゴジラvsコング』(C) 2021WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. & LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS LLC.
アレクサンダー・スカルスガルド、ミリー・ボビー・ブラウン、レベッカ・ホールに加え、日本から小栗旬が出演する実写映画『ゴジラvsコング』日本語吹き替え版のキャストが発表された。



前作に引き続き、自分を救ってくれたゴジラを信じてゴジラを追い続ける高校生のマディソンを芦田愛菜。その父であり特務機関モナークの幹部マーク・ラッセルを田中圭が担当することが決定。


参加を喜んだ芦田さんは「本作は、前作よりもさらに面白く、最初のシーンからラストにかけてまで、本当にハラハラドキドキするシーンがたくさん続いていて、私自身食い入るように映画を楽しみました。今までゴジラ映画をご覧になったことがない方も、きっと充分楽しんでいただける作品になっていると思います」と本作をアピールし、「演じたマーク役のカイル・チャンドラーと年齢差があって、前回同様に年上の声を出す難しさは痛感しました。とにかく声を少しでもおっさんになれ!と思って、その一点に集中して頑張りました(笑)」と収録をふり返った田中圭さんは「今回も大迫力の最高にカッコいい、モンスターバトルが繰り広げられる映画になっていて、めちゃくちゃ面白い作品に仕上がっています!!」とコメントした。


今回新たに、マディソンの級友でハイテクヲタクの高校生ジョシュを田中裕二、ハイテク企業エイペックスの陰謀説を唱える変わり者でマディソンと行動を共にするバーニーを尾上松也、世界最強のハイテク企業エイペックスを先導するやり手の重役マイアを田中みな実が演じる。


田中裕二さんは「3、4歳の頃、父親に連れて行ってもらい映画館で初めて観た映画がゴジラシリーズ作品で、『ゴジラ』は子供の頃からの憧れだったので、今回のオファーを受けた時は遂に来たか!という気持ちになりました」と大のゴジラファンであると言い、松也さんは「僕は松井秀喜さんの大ファンなので絶対的なゴジラ派ですが(笑)、ゴジラファンもコングファンも納得の内容になっておりますので、この衝撃の体験を映画館でぜひ味わってください!」とメッセージ。田中みな実さんは「壮大なスケールで描かれる今作を、劇場の大きなスクリーンで観てスカッとして頂ければと思います!コングの切ない表情にグッときて涙するはず」と話している。


さらに、『スター・ウォーズ』シリーズのカイロ・レン、『フィフティ・シェイズ』シリーズのクリスチャン・グレイの吹き替えや、近年では連続テレビ小説「エール」のナレーションも話題となった津田健次郎、「黒執事」のシエル役や「七つの大罪」のマーリン役などを担当する坂本真綾と、人気実力派声優の参加も決定。アレクサンダー・スカルスガルド扮する元モナークの博士ネイサン・リンドと、レベッカ・ホール扮するモナークの人類言語学者アイリーン・アンドリューズを演じる。

津田さんは「収録は丁寧に、そしてとてもスムーズに進みました。劇場で観られるのを楽しみにしています」と完成に期待を寄せ、坂本さんは「『ゴジラvsコング』の公開を待ちわびている友人がたくさんいるので、私が声の出演していること、早く自慢したくてたまりませんでした。今日からやっと言えて嬉しいです!」と喜びを語っている。

吹き替えキャスト発表に加え、「MAN WITH A MISSION」の日本版主題歌「INTO THE DEEP」を使用した、日本語吹き替え版予告映像も公開された。


『ゴジラvsコング』は5月14日(金)より全国にて公開。

(cinemacafe.net)

    オススメゲーム

    ニュース設定