エリザベス女王、夫の死後4日目で公務に復帰 ウィンザー城で対面イベントへ

0

2021年04月15日 05:11  Techinsight Japan

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Techinsight Japan

写真エリザベス女王、フィリップ王配亡き後に公務へ(画像は『The Royal Family 2020年11月8日付Instagram「“May the memory of their sacrifice and bravery remain with us always.”」』のスクリーンショット)
エリザベス女王、フィリップ王配亡き後に公務へ(画像は『The Royal Family 2020年11月8日付Instagram「“May the memory of their sacrifice and bravery remain with us always.”」』のスクリーンショット)
夫エディンバラ公フィリップ王配の死去からわずか4日後、エリザベス女王(94)が公務に復帰した。女王はウィンザー城で行われた宮内長官の退任式を執り行い、王配の逝去後初めてとなる対面イベントに出席した。

エディンバラ公フィリップ王配が現地時間9日に逝去したことを受け、英国は17日までの8日間が追悼期間となった。当初、王室メンバーは2週間の喪に服することになるが、王室行事は必要に応じて継続されると発表していた。

エリザベス女王は現地時間13日、王室の最高責任者である宮内長官(チェンバレン卿)アール・ピール伯爵の退任式を主催し、王配の死後初めての対面式公務を行った。この日は王配の逝去後、わずか4日目となる。

ピール伯爵はフィリップ王配が亡くなる1週間前、王配の葬儀を手配する「フォース橋作戦(Operation Forth Bridge)」を監督した。14年以上任務を行った伯爵は先月31日に退任、翌日には元英国情報局保安部(MI5)の国家情報部顧問、パーカー男爵に引き継がれた。伯爵は先日、女王から名誉ある勲章を授与されて永久的な侍従となっている。

この日、ウィンザー城で開催した退任式の詳細は王室の公式行事を記録する「コート・サーキュラー」に、以下のように記載された。

「本日、ピール伯爵は女王陛下に謁見し、宮内長官としての杖と記章、ロイヤル・ヴィクトリア勲章での大臣職の記章を返還した。女王からはロイヤル・ヴィクトリア頸飾(チェーン)を授与され、宮内長官の任務から退いた。」

式典には女王と王配の娘アン王女もオンラインで参加し、父の死後初めての公務を行った。現在は喪に服す期間であるため王室メンバーは黒やダークな服を着るように定められており、場合によっては喪章をつけなければならない。

フィリップ王配の葬儀は現地時間17日に執り行われるが、コロナ規制のため参列者は聖職者などを省いて最大30人までに限られている。同世帯以外の出席者は、少なくとも2メートルの社会的距離を保たなければならない。

パンデミック以降、エリザベス女王と生前のフィリップ王配はウィンザー城で20人ほどのスタッフとのみ生活してきた。そのため葬儀ではスタッフが参列しない限り、女王は1人で座ることになるだろうと『The Telegraph』の王室関係者が伝えている。

画像は『The Royal Family 2020年11月8日付Instagram「“May the memory of their sacrifice and bravery remain with us always.”」、2021年4月13日付Instagram「The Duke of Edinburgh was committed to the #Commonwealth, meeting and connecting with people from every walk of life.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

    前日のランキングへ

    ニュース設定