【アンタレスS展望】スタミナが問われる一戦、注目はあの馬

0

2021年04月15日 06:00  netkeiba.com

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

netkeiba.com

写真ロードブレスは距離短縮がプラスに働きそうだ(撮影:高橋正和)
ロードブレスは距離短縮がプラスに働きそうだ(撮影:高橋正和)
 上半期の大一番・帝王賞に向けての出発点と位置づけられるレース。以前は京都の開幕週に行われていたが、12年にマイラーズCと入れ替わる形で阪神に移ってきた。直線に坂がある阪神に替わったことで、より底力が要求されるようになっている。

1.長い距離をこなすスタミナが問われる

 阪神に移動して以降の9年間の勝ち馬のうち、8頭は前走からの距離短縮だった。唯一の例外である15年のクリノスターオーにしても、その時点でダート1900m以上の重賞を2勝していた。長い距離での実績は勝ち負けのための必須に近い条件だ。

2.前走の4角位置に注目

 過去9年間の勝ち馬のうち8頭は前走の4角での位置が3番手以内だった。2着も9頭中7頭が前走4角3番手以内だった。昨年のウェスタールンドのような大外一気が決まることはまれで、基本的には前々で流れに乗れる馬が好走しやすい。

3.マーチSとの関連性は薄い

 間隔的にマーチSから臨戦してくる馬が少なくないが、レースの質が異なるのもあってか関連性は薄い。過去9年、前走マーチS組は[0-2-4-50]で複勝率10.7%しかなく、連対した2頭はマーチSで4・11着だった。

 ロードブレスは1800mより長い距離をこなすスタミナも持ち合わせてはいるが、実績からして距離短縮はプラス。また地方の重い馬場より中央の馬場の方が向いているだろう。58kgの斤量はカギとなるが、地力の抜けたメンバーがいないここなら勝ち負けに持ち込めて良いだろう。

    ランキングスポーツ

    前日のランキングへ

    ニュース設定