玉木宏演じる上條漣、警察のトップを目指し野望の階段を駆け上がる!『桜の塔』

1

2021年04月15日 06:01  テレビドガッチ

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

テレビドガッチ

玉木宏主演のドラマ『桜の塔』(テレビ朝日系、毎週木曜21:00〜)が、4月15日に拡大スペシャルでスタートする。

本作は、『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』(2019年、日本テレビ系)など衝撃作を次々と手掛けてきた脚本家・武藤将吾が紡ぐオリジナルストーリー。警視庁を舞台に、頂点である“警視総監の座をめぐる出世争い”を通した野望と正義が入り乱れる究極の人間ドラマ。玉木が演じるのは、幼少期の“ある出来事”が火種となり、権力を手に入れることを渇望するようになった警視庁捜査共助課の理事官・上條漣。漣の幼馴染で、正義感に燃える警視庁捜査一課の水樹爽を広末涼子が演じる。

<第1話あらすじ>
2016年――東京都内の銀行で、一般市民を人質に取った立てこもり強盗事件が発生した。警視庁刑事部捜査一課の主任・水樹爽(広末)は部下の富樫遊馬(岡田健史)らを率い、事件現場を包囲。現場からの連絡を受け、警視庁の派閥の一つである「外様派」の刑事部長・千堂大善(椎名桔平)は警備部所属の「SAT」の出動を要請する。だが、彼と共に次期警視総監の座を争う「薩摩派」の警備部長・権藤秀夫(吉田鋼太郎)と「東大派」の警務部長・吉永晴樹(光石研)……警視庁の次世代を狙うスリートップが繰り広げる“それぞれの思惑をはらんだ話し合い”は決裂……。そうこうしているうちに、覆面をかぶった犯人が人質の一人に発砲し、まんまと裏口から逃走するという大失態を招いてしまう!

上層部による話し合いの詳細については知る由もないが、明らかに“防げたはずの事件”を防げなかったことに、激しい怒りに震える爽。だが、ずば抜けたプロファイリング能力を誇る警視庁捜査共助課の理事官・上條漣(玉木)は極めて冷静だった。彼は隙のない理論でSATを出動させなかった理由を説明して見せたばかりか、現場の刑事たちが見抜けなかった“犯人特定の手がかり”をも提示したのだ。しかもその矢先、千堂が“ある事情”から自らの娘・優愛(仲里依紗)の婚約者で、捜査の陣頭指揮をとっていた捜査共助課課長・佐久間義孝(少路勇介)を外し、漣を代理として引き上げる。そんな状況を冷ややかに見守る権藤と吉永。彼らの派閥に属するキャリア組も一斉に捜査から手を引いてしまい……。

一方、漣は幼馴染でもある爽に、強盗犯は誰だと思うか尋ねる。犯人が使ったのは最新の3Dプリンターで作成した改造銃だという漣の見立てを元に絞り込んだ容疑者の中から、爽は刑事の勘で蒲生兼人(森崎ウィン)がホンボシだと推測。そんな爽に、漣は“とんでもない指示”を出し……!?
    ニュース設定