吉岡里帆“あいこ”、鈴木亮平“清一郎”から疑似恋愛の相手と別れるよう指示される!

0

2021年04月15日 06:01  テレビドガッチ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

テレビドガッチ

鈴木亮平が主演、吉岡里帆がヒロインを務める木曜劇場『レンアイ漫画家』(フジテレビ系、毎週木曜22:00〜)の第2話が、4月15日に放送される。

「モーニング」(講談社)で2010年から2012年の間連載されていた同名コミックスを原作とした本作は、鈴木演じる漫画一筋で恋愛が超苦手な少女漫画家・刈部清一郎と、吉岡演じる「ダメ男ホイホイ」と呼ばれる崖っぷち女子・久遠あいこという、恋に不器用な二人が繰り広げる、笑えて、ほろっとくるコミック・ラブストーリー。

先週放送された第1話では、清一郎とあいこ(吉岡)の出会い、そして、あいこが清一郎の担当編集者・向後達也(片岡愛之助)から、疑似恋愛をするミッションが与えれるというストーリーが展開。インターネット上では「(鈴木の)睨み顔、素敵過ぎませんか?」「鈴木亮平と吉岡里帆の体格差と身長差めちゃくちゃ良過ぎて膝から崩れ落ちてしまった」「吉岡里帆さん可愛すぎるのと鈴木亮平さんがイケメン過ぎて内容が入ってこない」「鈴木亮平の役作りの幅の広さと演技力がストーリーに安定感をもたらしていて、共演してるひとのやりやすさにつながっている感じがする」などとさまざまな反響があった。

<第2話あらすじ>
刈部清一郎(鈴木)は、久遠あいこ(吉岡)に疑似恋愛ミッションの相手であるサラリーマンの早瀬剛(竜星涼)と別れるよう指示。清一郎が描く漫画のための恋愛ミッションとはいえ、早瀬に本気になりかけているあいこには受け入れがたい。清一郎とあいこが押し問答をしていると、刈部レン(岩田琉聖)が来て、学校に行きたいと話す。行きたいなら行けと言う清一郎に、レンは子供には転校の手続きが出来ないと訴えた。清一郎に意見するレンに、あいこは2人の関係の変化を感じる。すると、レンは清一郎とは対等になったとあいこに告げた。清一郎は仕方なくレンから手続きに必要な書類を受け取るが、この手のことが不得手なため、あいこに押し付ける。

転校初日のレンを迎えに来たものの、やっぱり清一郎のミッションを断ろうとしたあいこだが、清一郎は聞く耳を持たない。仕方なくあいこはレンを連れて学校に行く。すると、そこに強烈な個性を放つ女性漫画家・金條可憐(木南晴夏)がやってきて……。
    ニュース設定