北海道から首都圏へ、新幹線で荷物の定期輸送開始 海産物や駅弁など

2

2021年04月15日 09:21  TRAICY

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

TRAICY

写真写真

JR北海道とJR東日本は、ジェイアール東日本物流と共同で、北海道・東北新幹線による荷物の定期輸送を4月15日より開始する。

新函館北斗駅に持ち込まれた商品を、新幹線の業務用室内空きスペースに積み込み、東京駅へ輸送する。東京駅からは、駅構内の店舗のほか、提携輸送機関で都内の飲食店などに輸送する。

4月15日には、マルショウ(小西鮮魚店)とマルヒラ(川村水産)がそれぞれ、イカやホタテ、ホッケ、エビ、ヒラメ、ウニなどを、120サイズ箱換算で30箱輸送する。市場が開く年間約250日、輸送を予定している。

4月21日には、北海道キヨスクが「駅弁の函館みかど」弁当工場にて製造した「蝦夷ちらし」と「鰊みがき弁当」を、120サイズ箱換算で4箱、約80食を輸送し、東京駅構内の「駅弁屋 祭グランスタ店」で販売する。毎日輸送を予定している。

この他にも、4月22日〜24日には、魚力が荷主の朝どれ鮮魚を首都圏の直営小売店、5月7日と13日には、高島屋が荷主の朝どれアスパラガスを新宿高島屋の催事販売のためにスポット輸送する。

このニュースに関するつぶやき

  • 空気輸送も多いとか言いますし、収益を上げられる方法は色々試すべきだと
    • イイネ!2
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定