元受刑者の再審認めず=北海道恵庭女性殺害―最高裁

3

2021年04月15日 11:01  時事通信社

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

 北海道恵庭市で2000年、女性会社員が焼死体で見つかった事件で、殺人罪などで懲役16年が確定し服役した元同僚の大越美奈子さん(50)の第2次再審請求審で、最高裁第2小法廷(菅野博之裁判長)は15日までに、大越さん側の特別抗告を棄却する決定をした。12日付。再審開始を認めない判断が確定した。

 事件は直接的な証拠がなく、大越さんは一貫して無罪を主張。弁護側は第2次再審請求審で、死因に関する意見書などを新証拠として提出していた。

 札幌地裁は18年3月、新証拠に関し「確定判決に合理的な疑いは生じない」として請求を棄却。札幌高裁も同年8月、大越さん側の即時抗告を棄却していた。 

このニュースに関するつぶやき

  • 恋愛のもつれで人殺しまでするんだろうか?もし別人による強姦殺人であったら、みすみす犯人を逃がして別の犯罪を犯している可能性もある。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • それでも「さん」付けなんだ。
    • イイネ!5
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(3件)

ニュース設定