通信会社元社長ら逮捕=架空料金2.8億円詐取容疑―警視庁

2

2021年04月15日 12:01  時事通信社

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

 顧客の銀行口座から計約2億8500万円を不正に引き落としたとして、警視庁捜査2課は15日までに、電子計算機使用詐欺容疑で通信サービス会社「あくびコミュニケーションズ」(東京都渋谷区、破産手続き中)の元社長遠山和久(39)=目黒区中目黒=、元事業部長佐竹雅哉(43)=埼玉県越谷市赤山町=両容疑者を逮捕した。同課は2人の認否を明らかにしていない。

 逮捕容疑は2019年12月ごろ、決済代行業者に架空の通信利用料金を請求するデータを送信し、利用者延べ約9000人の銀行口座から計約2億8500万円をだまし取った疑い。

 同課によると、20年1月以降も、顧客約3000人に2億円超を不正に請求した疑いがあり、逮捕容疑と合わせて総額5億円以上を詐取した可能性があるという。詐取金は会社の運転資金に充てたとみられる。

 同社は15年3月設立。電話で不適切な勧誘を行ったなどとして、これまでに消費者庁や総務省などから相次いで行政処分を受け、20年2月に東京地裁から破産手続き開始決定が出ている。 

このニュースに関するつぶやき

  • まるで安倍晋三やんか
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定