猫パンチは「脇をギュッと締めてー」「パッと出す」 奥義を伝授する名トレーナーあらわる

46

2021年04月15日 14:30  BIGLOBEニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

BIGLOBEニュース

写真画像提供:クウとカイ(@kunyan_kainyan)さん
画像提供:クウとカイ(@kunyan_kainyan)さん

猫パンチの繰り出し方を指導しているような猫がTwitterに投稿され、その名トレーナーの雰囲気ただよう姿が反響を呼んでいる。


茶トラ白のクウちゃん(2歳)は、普段は猫パンチの威力を隠しているのか、基本的に優しめに拳を繰り出している。しかし、この日は、特別にその能力を解放。まずは、脇を締め、顔面のガードを開き気味にしたファイティングポーズをとったクウちゃん。そこから、伸びのある左ストレートを打ってみせた。猫パンチは、溜めてから勢いよく打つのが大事だと語っているという。


何事か熱く語っているようなクウちゃんの様子を、飼い主が「猫パンチは 脇をギュッ!と縮めて〜 パッ!と出す」とボクシングに例えて投稿したところ、状況とぴったり。その面白さから「名トレーナー発見w」「『打つべし!』って聞こえてきた」「溜めてるw」「いや、いいフォームw」「黄金の左 目指せ世界ニャンピオン!」といったコメントが寄せられ、大きな反響となっている。


飼い主によると、クウちゃんはあまり猫パンチを繰り出さない猫だが、おもちゃを捕まえようとする時や、兄弟猫のカイちゃんに向けて打つことはある。今回の写真は、甘えん坊な“構ってちゃん”という一面があるクウちゃんの「要求に応えて猫じゃらしで遊んでいるとき」に撮影したもの。ポーズの割に「威力がイマイチなので世界への道は険しい」と教えてくれた。


猫パンチの奥義を伝授する名トレーナーあらわる


猫パンチの奥義を伝授する名トレーナーあらわる


このニュースに関するつぶやき

  • 最後まで飼えない人は、けして、ペットを飼ってはいけない。ペットのいる保護施設や一時預かりなどを経験すべき。
    • イイネ!3
    • コメント 0件
  • なんという可愛いファイデングポーズなんだww
    • イイネ!24
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(26件)

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定