スバル、23.4万台リコール=エンスト恐れなど、事故1件

40

2021年04月15日 16:01  時事通信社

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

 スバルは15日、乗用車「インプレッサ」「XV」など3車種計23万4009台(2016年10月〜19年5月製造)のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。

 国交省によると、インプレッサなど2車種計13万7449台(16年10月〜19年3月製造)は、エンジンの制御プログラムが不適切で回路がショートし、走行中にエンストする可能性がある。

 不具合は計178件報告され、昨年12月には福島県内で一般道を走行中のXVがエンストし、後続車に追突される事故が起きた。けが人はいなかった。

 乗用車「フォレスター」など2車種計9万6560台(17年4月〜19年5月製造)は、車体の揺れを抑える部品を固定するボルトが緩み、脱落により車体を傷つけたり、異音が発生したりする恐れがある。 

このニュースに関するつぶやき

  • × 回路がショート → ○ イグニッションコイル焼損 https://www.subaru.co.jp/press/recall/2021_04_15_9711/
    • イイネ!5
    • コメント 4件
  • エンストして追突された車と、追突した車の補償はどうなってるんだろうね、個人的にはエンストくらいで追突するような車間しか取ってない奴も問題だとは思うが
    • イイネ!14
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(25件)

ニュース設定