ローソン「からあげクン」が35周年 販売当初の「幻のパッケージ」に驚嘆した

77

2021年04月15日 17:01  しらべぇ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

しらべぇ

写真(©ニュースサイトしらべぇ)
(©ニュースサイトしらべぇ)

4月15日、ローソンのロングセラー商品「からあげクン」が35周年を迎えた。

昭和から平成、そして令和を駆け抜けてきた同商品はどんな進化を遂げたのだろうか。

画像をもっと見る

■35歳になった「からあげクン」

常にホットスナックコーナーに置いてあり、今や不動の存在となった「からあげクン」。

発売が開始されたのはバブル景気真っ只中の1986年4月15日。当時は惣菜としてのイメージが強かったから揚げを一口サイズのおやつにしたことで、大ヒットとなった。

関連記事:ローソンのドリアとグラタン「激似」問題 広報が説明する違いに驚嘆

■当時のパッケージデザインは…

現在は辛みをきかせた「レッド」、フレッシュな「レモン味」、「博多明太マヨネーズ味」「焦がしネギ味噌味」といった時期やご当地限定テイストなど多彩な展開を見せているが、当初はレギュラー味のみ。価格は現在と変わらない200円だった。

ローソン広報部に問い合わせると、当時のパッケージデザインを公開してくれた。これはスタイリッシュ…! 外箱は英字新聞がデザインされていたようだ。

今のコミカル(?)なデザインと違い、この頃はちょっとオシャレ路線だったようで、名称にも「FINGER FOOD CHICKEN」、つまり「指でつまんで食べるんだよ」というアナウンスがされている。知名度がない時代ならではの親切設計である。

ちなみに英字部分を解読しようとしたが、「Cryovac 6536 Hot Water Shrink Tunnel」などの表記はあるものの、翻訳サイトに突っ込んでも「6536 温水収縮トンネル」と暗号のような言葉が出てくるだけで、英検3級の記者には一切理解できなかった。とにかくかっこいい!

■製造方法も進化

味の変化だけでなく製造方法も大きく変化した、とローソン広報部。

以前は国産以外の原料も使われていたようだが、現在は安心安全、おいしさの2つの観点から鶏肉と小麦粉は国産100%を使用し、国内の工場で徹底した品質管理を行っているという。

■ネットでは祝福の嵐

ネットでは、「お誕生日おめでとうございます」「そしてこれからも頑張ってください」と祝福のメッセージが続々。

また、想像以上のロングセラーに驚く声も多く上がっており、「俺より年上やったんか。知らんかった」「歴史があったんですね。からあげクンさんじゃないですか…」「35歳のからあげクンは兄のような存在だと言っても過言ではありません」と感激する声もあった。とにかくおめでとうからあげクン!

・合わせて読みたい→ローソン限定 『呪術廻戦』カントリーマアムが入手困難と話題に

(文/しらべぇ編集部・小野田裕太

このニュースに関するつぶやき

  • おめでとうございます(*^^*)これからも買うよ♪
    • イイネ!6
    • コメント 2件
  • からあげクンは何年経っても美味しいのだけは変わらないな!
    • イイネ!26
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(42件)

ニュース設定