スネ夫声優・関智一、ドラマ『桜の塔』出演で刑事熱演 ギャップに驚きの声続々

118

2021年04月15日 21:34  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真関智一 (C)ORICON NewS inc.
関智一 (C)ORICON NewS inc.
 俳優・玉木宏(41)主演のドラマ『桜の塔』(毎週木曜 後9:00)が15日、テレビ朝日系で放送がスタートした。第1話では玉木のほかに、アニメ『ドラえもん』スネ夫役、『鬼滅の刃』風柱・不死川実弥役などで知られる声優・関智一(48)が出演しており、ネット上では「関さん、迫真の演技!」「この人がスネ夫なんて思えない」「関さん、ドラマ冒頭から出てる!」「関智一さん、俳優やん。めっちゃ馴染んでる」「スネ夫の人だって今知った…」などと話題になっている。

【写真】寿司を食べながら必殺技を叫ぶ!天才声優・関智一

 『桜の塔』は、桜の代紋を掲げる警視庁を舞台に、その頂点=警視総監の座をめぐり、激しい出世バトルを描いていくストーリー。幼少期の“ある出来事”が火種となり、権力を手に入れることを渇望するようになった警視庁捜査共助課の理事官・上條漣役を主演・玉木、警視庁刑事部捜査一課のトップ=捜査一課長・牧園隆文役を関が務める。

 関は、1991年に声優デビュー後、アニメ『機動武闘伝Gガンダム』ドモン・カッシュ役、『キャプテン翼』大空翼役(青年期)、『のだめカンタービレ』千秋真一役など、数々に人気作品に出演しており、劇団ヘロヘロQカムパニーの座長を務めている。

 いろんな声を出せることから“七色の声を持つ声優”と称されているが、今回のドラマでは冒頭から刑事として声を荒げる熱演を見せており、ネット上では「関智一さん普通に俳優としての存在感ありすぎるw」「関智一さんがふざけてない顔で『ふざけるなよ!』と罵声」「スネ夫要素ゼロで驚いている」「関さんやっぱ声が良い」「関智一さん、安定の演技力」「この人からスネ夫の声が出てるって思えないよね…まじでギャップがすごい」などと驚きの声が出ている。

 なお、玉木と関には縁があり、『のだめカンタービレ』の主人公・千秋真一を、玉木は実写版で、関はアニメ版で演じている。キャスト発表の際は夢の“『のだめ』千秋共演”の実現となり、ネット上では大きな盛り上がりを見せた。先日行われた制作発表会では、関との共演について玉木は「まさか、このドラマでご一緒するとは思っていなかった」と驚きつつ「そのドラマをやったのが2006年のこと。これだけの時間を経て、こうして縁があって一緒にできることはすごくうれしいなと思いました」としみじみ。先日の撮影で共演シーンがあったそうで「声の圧力がすごく強い方だなと思いました」と関の印象についても口にしていた。

 一方、刑事役を務めた関は「声に関しては、間違ってもスネ夫にならないように注意しています(笑)」としている。

このニュースに関するつぶやき

  • やよい「おそらく想像の域は出ないけど、関さんは正直やりたくなかったんじゃないかな。マッドポリスのようなバリバリのアクション物、かと思ったらただの茶番劇だしww」
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • 劇団も主宰されてますからね!舞台の関さんもカッコいい!
    • イイネ!37
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(61件)

ランキングゲーム・アニメ

前日のランキングへ

オススメゲーム

ニュース設定