闘病中の友人に「君は一人じゃない」 一緒に頭を丸めた男性の友情がSNSで話題に

0

2021年04月16日 07:41  しらべぇ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

しらべぇ

写真(Dogan Kutukcu/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)
(Dogan Kutukcu/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

つらいことがあったとき、そして困難に直面し不安なときも、寄り添い見守ってくれる情の深い仲間がいる。それに気づいたあるがん患者について、『LADbible』など海外メディアが報じた。

■頭を丸める決意

スペインで暮らすある男性理容師が、がん宣告を受けた。病気を克服するため抗がん剤治療を受けることになり、思い切って頭をきれいに丸めようと決意した。

その瞬間を記念に残そうと、理容師は鏡の前にカメラを設置し記録を開始。同僚にお願いしバリカンで頭を丸めてもらいながら、理容師は悲しそうでもある複雑な表情を浮かべた。

関連記事:植毛目的の理容師が団体で海外旅行 帰国後の新型コロナ感染拡大に町が激震

■意外すぎた同僚の行動

理容師の頭をきれいに刈った同僚は、いきなりバリカンを自分の頭に当てて散髪を開始。きれいに整えてあったサラサラの髪を惜しげもなく刈り上げ、理容師を驚かせた。

「信じられない」といった表情で同僚をしばらく見つめたあと、理容師は涙を流し目頭を押さえた。それでも同僚は何事もなかったかのように理容師の頭を軽くなで、肩に残る髪の毛を丁寧にはらい処理した。

■動画が巻き起こした感動

理容師がTikTokでこの動画を公開すると、瞬く間に大評判になった。そこでインスタグラムにもアップ。

「『君はひとりじゃないんだよ』。僕の親友で同僚でもある彼は、自分の頭も丸めたあと、そう言ってくれたのです。僕の髪が再び生えるまで、何度でも自分の頭を剃るつもりだと聞かされました」「彼は、単なる同僚じゃない。僕にとっては、兄弟のような存在なのです」と説明を加えた。

多くの人たちがこの友情に感動し、頭を丸めた同僚を「この人はまさに英雄」「思いやりがあり素晴らしい」と讃えている。

■親友がいる人の割合

しらべぇ編集部が全国10〜60代の男女1,844名を対象に調査したところ、全体の61.4%が「親友がいる」と回答した。

くじけそうなとき、そして人生の重大局面に立ったときも、まるで家族のように寄り添い一緒に乗り越えようとしてくれる親友。そんな仲間がいる人は、恵まれていると言えるだろう。

・合わせて読みたい→元彼の性的写真を知人ら30名に大量に郵送 リベンジポルノで32歳女を逮捕

(文/しらべぇ編集部・マローン 小原

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2020年9月18日〜2020年9月23日
対象全国10代〜60代男女1,844名(有効回答数)

    前日のランキングへ

    ニュース設定