ファミマ、地元スタッフのアイデア採用した“進化した定番パン”を地域限定で発売

2

2021年04月16日 10:26  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真20日より地域限定で販売する『2種のチーズクリームinメロンパン』
20日より地域限定で販売する『2種のチーズクリームinメロンパン』
 ファミリーマートは、地域密着の取り組みとして、その地域で働くストアスタッフが発案した菓子パン『2種のチーズクリームinメロンパン風ロール』を20日より北陸地方、東海地方、長野県限定で発売する。

【画像】甘みと塩見でクセになる新商品ほか、地元スタッフ発案の地域限定商品一覧

 同社は、その地域で働くストアスタッフが商品の発案や選定に参加する地域密着の取り組みを積極的に行っている。これまで東海・北陸地域等で『小倉サンド』、兵庫県・中国・四国地域で『チーズチーズレモン』、九州地域等で『香ばし炒め野菜のちゃんぽん』などを販売してきた。今回発売する“進化した定番のパン”がコンセプトの『2種のチーズクリームinメロンパン風ロール』は、 北陸、 東海、 長野県で働くストアスタッフから寄せられた222件のアイデアの中から選ばれた。

 選定までの討議・試食から、 商品名やパッケージデザインにいたるまで、 ストアスタッフのアイデアをもとに決定した同商品は、メロンパンをイメージしたロールパンに、甘みのあるチーズホイップクリームと塩味のあるチーズクリームをはさんだ甘じょっぱい味わいが特長の菓子パン。商品開発に携わった社員は、「一生懸命考えていただいたストアスタッフの商品に対する「想い」「こだわり」に答えるべく、 何度も試行錯誤を繰り返し、 とことんこだわり抜いた商品です!!」とコメントした。

 『2種のチーズクリームinメロンパン風ロール』110円(税込118円)は、北陸地方(富山県・石川県・福井県)、 東海地方(愛知県・岐阜県・三重県と静岡県の西部)、 長野県のファミリーマート約3,300店で20日から限定販売する。

このニュースに関するつぶやき

  • そんなのいいから、合併前のCoCoストアがやっていたパンや惣菜コーナーを復活させてくれよ。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定