キッザニアに「リモートワーク」体験が初登場

1

2021年04月16日 12:22  マイナビニュース

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

マイナビニュース

写真画像提供:マイナビニュース
画像提供:マイナビニュース
KCJ GROUPは4月29日より、2月に開設した「キッザニア オンラインプログラム」にて、「映像クリエイター」の仕事体験ができる「アニメーションスタジオ」の提供を開始。4月15日よりチケットの販売を開始した。

「アニメーションスタジオ」は、3歳〜15歳の子ども達を対象としたコンテンツで、放課後や休日などの余暇に、自宅などからリモートワーク形式で参加する体験プログラム。こども達は「映像クリエイター」として、キッザニアのスーパーバイザーやチームメンバーと、オンライン会議システム「Zoom」を使ってリアルタイムにコミュニケーションを図りながら、専用の映像編集アプリを使ってチームで1本のアニメーションを完成させるという。

また、完成したアニメーションは、後日「キッザニア東京」「キッザニア甲子園」の劇場パビリオンで上映され、体験終了後発行される仕事完了メールを、後日「キッザニア東京」「キッザニア甲子園」来場時に持参すると、お給料として「キッザニア」専用通貨「キッゾ(8キッゾ)」を受け取ることができる。

所要時間は、PC操作のチュートリアルも含め約60分。料金は、先行販売2,530円、一般価格2,750円となっており、4月29日〜5月5日の期間中は特別価格の1,650円で体験できる。詳細は、「キッザニア オンラインプログラム」のページで確認できる。(CHIGAKO)

    ランキングトレンド

    ニュース設定