【DIY初心者がやってみた】“ザ・昭和な部屋”が変身!おすすめ道具や手順は?挑戦レポ

2

2021年04月16日 14:12  ウレぴあ総研

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ウレぴあ総研

写真写真
在宅時間をおしゃれな空間で過ごしたいと、模様替えをする人が増えています。

【写真】必須アイテムはコレ!使った道具や詳しい手順を見る

筆者もこれを機に、古くて気に入っていなかった築30年、昭和の香り漂うお部屋の模様替えに挑戦することに。

今回は、水性ペンキを使って、黄ばんで汚れていた天井を明るく塗装してみました。

■DIY初心者が天井の模様替えに挑戦!

DIY初心者、かなり不器用で大雑把、さらには集中力がすぐ切れる、飽き症な筆者ですが、果たしてきれいにできるのか…。

不安も多いですが、やってみたいと思います。

筆者の家の天井は事務所などで使われている模様のついた天井で、かなり昭和感がただよっていました。

ぱっと見白くて汚れていなさそうですが、よく見るとシミや黄ばみができていたり、汚れがついていたりと、かなり古くなっています。

天井の模様替えには塗装のほかに壁紙を貼る方法もありましたが、初心者だと壁紙はかなり難しそうなので、塗装をしてみることに。

とはいっても天井はおろか、壁の塗装もしたことがない筆者。しっかりできるのでしょうか。

YouTubeのDIY動画などを見漁ってイメトレをします。

■天井の模様替え:必要な道具

まず必要な道具をそろえます。

■掃除道具

天井の汚れを落とすための掃除用具を用意します。

具体的には雑巾とクイックルワイパーの本体。天井は2.5mくらいなので、なるべく長いものだと良いでしょう。

■脚立

長い持ち手の道具があればいらなそうですが、細かい部分の掃除や塗装、ライトの養生の際には脚立が必要になります。

■養生グッズ

アイリスオーヤマ 養生 マスカー 布テープ天井を塗るときにライトや壁を汚さないよう、養生が必要です。

具体的には、養生テープ、マスキングテープ、ビニールの付いたマスカーを用意しましょう。

■ローラー、バケツ

Micro ACE スモール 22mm 6インチアサヒペン バケット型万能用ローラーバケセットTRUSCO(トラスコ) 伸縮継ぎ柄 2メートルTRUSCO(トラスコ) スモールローラー用ハンドル ロング天井など広範囲に塗装するには、ハケではなくローラーが便利です。

ローラーにはさまざま種類があり、塗装業者が使うものはレギュラーローラーといって、横幅の広いローラーがつけられるものを使っているそうです。これだと継ぎ目なくムラなく塗るのに効果的なよう。

ただ、レギュラーローラーは初心者だと扱いづらいとのことだったので迷った挙句、初心者でも扱いやすいスモールローラー、6インチを選びました。

毛の長さも様々あり、広範囲を塗る場合に適している、たくさん塗料を含ませられる中毛を選びました。さらに天井を塗るにはマイクロファイバー製だと塗料が滴り落ちず、おすすめなようです。

「スモールローラー」「中毛」「6インチ」「マイクロファイバー」を買っておけば間違いないでしょう。

そして、ローラーのハンドルを伸ばす継ぎ手もあると天井を塗るには便利です。

■下地材

フジワラ化学 内装用 古壁用強化アク止め材 アクドメール今回初めて知ったのですが、壁や天井にペンキを塗るには、下地が必須なようです。

メイクと同じで、まず下地を塗って凸凹を整え、コーティングすることで塗料のノリが良くなるとのことでした。

■水性ペンキ

カンペハピオ アレスアーチ ミストグレー 7L天井は真っ白よりも少しくすんだ感じが良かったので、ミストグレーにしました。

■天井の模様替え:手順

さっそく塗っていきます!

■1. 天井の汚れを落とす

まずは雑巾を濡らし、天井を拭きます。このときしっかり汚れを落とすことで、塗料のノリが変わるのだそうです。

大体、30分くらいで拭き終わりました。

■2. 養生をする

マスキングテープやマスカーで、ライトや壁を養生していきます。

マスカーは養生シートとマスキングテープが一体化した画期的なアイテムで、簡単に養生できます。

30分ほどかかりました。

■3. 下地を水で薄めて塗る

下地をまず、水で半分に薄めて塗ります。液が垂れるのでゴーグルを着け、汚れてもいい服装で行うと良いでしょう。ムラがあっても、上からまた塗っていくので問題ありません。

液垂れを防ぐために、バケツの中でローラーをコロコロさせ、余分な塗料を落としてから塗っていきましょう。1時間ほどで塗り終えました。

■4. 下地を原液で塗る

1時間ほど乾かした後、次は原液で下地を塗っていきます。1時間ほどかかりました。

ここで、1日目は終了。

首や肩が疲れるので、お風呂に入って体のケアを忘れずに!

■5. 水性ペンキを塗る

模様替え2日目、ようやくペンキを塗ります。

仕上げに二度塗りをするのでムラがあってもかまいません。細かいところを気にせず、どんどん塗り進めましょう。

部屋が明るくなっていくのが楽しいです。

1時間ほどで完成。上を向いて作業しているので首が疲れてきました。

■6. 水性ペンキを二度塗りする

今度は2時間ほど置いた後、もう一度水性ペンキを塗ります。

これが仕上げになるので、丁寧にムラなく塗っていきます。2時間ほどかかりました。

■天井の模様替え:完成!

ようやく塗り終えました。

かかった時間は掃除、養生、乾かす時間を含めて約10時間。2日かかり、一人で行ったので大分肩や首にきました。

完成した天井はプロの施工に比べれば少し雑さはあるものの、シミや汚れもきれいに隠れて、光が反射する明るい部屋に変わりました。

今回は試しにグレーの色にしましたが、真っ白だともっと明るくなるかも。

DIY初心者なので、キレイにできるか不安でしたが、思った以上にスムーズに塗装ができました。

道具をそろえるなど下準備が大変ですが、ペンキを塗ってどんどんきれいになっていく作業は、楽しくてストレス発散になりました。

ぜひ、みなさんもチャレンジしてみて。

このニュースに関するつぶやき

  • 照明をLEDに換えて明るくする、とかの話かと思ったら違った。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 軽量ヘルメットでいいから、有った方がいいね。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定