NTTのVR空間でバーチャル即売会 VTuber・九条林檎などが160店舗を出店

1

2021年04月16日 17:42  ITmedia NEWS

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia NEWS

写真VR空間のイメージ
VR空間のイメージ

 XR事業を手掛けるGugenka(東京都中央区)が、NTTが開発するVR空間「DOOR」を活用したバーチャル即売会「バーチャルクラフ特区」を、4月24・25日に開催する。個人クリエイターや、バーチャルYouTuber(VTuber)の九条林檎さんといったゲストなどが160以上の店舗を出店。自作の3Dモデルやイラストなどを販売する。



【その他の画像】



 出展・入場料は無料。出展者はVR空間上に自分のブースを設け、作品を展示する。一般参加者は会場を回りながら、好きな作品を探したり、購入したりできる。



 どちらも、会場での移動・コミュニケーションはDOORのアバターか、自分でアップロードしたアバターを操作して行う。「HTC VIVE」「Oculus Quest」などのVRヘッドセットでも参加できるが、スマートフォンやPCからも閲覧できる。



 DOORは、コロナ禍でもソーシャルディスタンスを確保しながら経済活動を行う場として、NTTが2020年11月から提供しているサービス。開発には米Mozilla CorporationのオープンソースVRアプリ「Mozilla Hubs」を活用している。


    ニュース設定