TOYOTA GAZOO Racing、新型「GR 86」を披露 - 「86らしい走りの味」へ進化

1

2021年04月16日 17:51  マイナビニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

マイナビニュース

写真画像提供:マイナビニュース
画像提供:マイナビニュース
TOYOTA GAZOO Racing(TGR)は4月5日、SUBARUとのオンライン合同イベントにて、新型「GR 86」を世界初披露した。新型「GR 86」は、「GR スープラ」「GR ヤリス」に続く、TGRが展開するスポーツカーシリーズ「GR」のグローバルモデル第3弾。日本での販売は2021年秋頃を予定している。

初代86は2012年、「スポーツカーを持つ夢や、走る楽しさをユーザーに届けたい」という思いから、ドライバーの感覚ひとつで思いのままに取りまわせる「手の内感」や「操る楽しさ」を体感できる「直感ハンドリングFR」をコンセプトに誕生。

以来、ラリーやワンメイクレース、ジムカーナ、ダートトライアルといった様々な参加型モータースポーツのベース車として使用するほか、カスタマイズしてオンリーワンの86を楽しむなど、世界で累計20万台を超える86が、「ドライバーの相棒のようなクルマ」として活躍している。

今回のSUBARUとTGRによる「SUBARU BRZ」「GR 86」共同開発の特徴として、クルマのベースを共有しながらも、それぞれの個性を引き出した「異なる走りの味」を持たせることに注力。BRZ開発陣と切磋琢磨しながら、「86ファンに喜んでもらえる、86らしい味の進化」を追求した結果、「新型GR 86」では「スポーツ性能に特化した、更なる高い次元でのダイレクトで気持ちのいい走り」を実現した。

これは、2019年9月に合意した「新たな業務資本提携」の中で掲げた「もっといいクルマづくりへ共に取り組む」ことの具体例であり、これまでの自動車業界における協業の形に捉われない、両社にとっての「新たなチャレンジ」となる。同社では、「今後も、SUBARUとお互いの持つ強みを持ち寄り、更に関係を深めることで、『もっといいクルマづくり』の可能性を追求していく」としている。(エボル)

このニュースに関するつぶやき

  • ん〜 オモチャ感が強くなったな…
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定